ソーラー発電&ワイヤレス充電! ケーブルが必要ないモバイルバッテリー「FREEK」があと1日!

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author Qurumu
ソーラー発電&ワイヤレス充電! ケーブルが必要ないモバイルバッテリー「FREEK」があと1日!
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:

コンセントがない場所でも、スマホやタブレットの充電ができるモバイルバッテリーはとても便利なアイテム。ただし、モバイルバッテリー自体の充電がなくなれば、ただの重し。それ自体を充電するために、なにかしらの電源が必要になります。

キャンプ中ではとくに電源が使える場所を探すのは手間が掛かるので、電源がなくても活躍できるモバイルバッテリーがあれば嬉しいですよね?

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「FREEK」は、太陽光があればどこでもソーラー充電ができるモバイルバッテリーです。ワイヤレス充電にも対応しています。

キャンペーン終了まで残り1日となりましたが、他にも便利な機能が満載なので、改めてチェックしましょう!

太陽光をセンサーが感知

ソーラー
Image: machi-ya

「FREEK」のソーラーパネルは、電源がない場所でもセンサーが自動的に太陽光を感知して本体に充電を行います。

太陽光が当たる場所さえあれば、モバイルバッテリーの充電がなくなることはありません。

デバイスを上に乗せるだけ

ワイヤレス
Image: machi-ya

モバイルバッテリーはとても便利ですが、充電ケーブルなどと合わせて持ち歩くと意外と荷物がかさばりますよね。

「FREEK」は、ワイヤレス充電Qiを搭載。本体はソーラー充電ができるので、もう、充電ケーブルを持ち歩く必要がなくなるんです。

スマホとFREEKがあれば、いつでもどこでも充電可能。

高速充電ポートも搭載

ポート
Image: machi-ya

3つのUSBポートを備えています。同時にワイヤレス充電も可能なので、合計4つのデバイスを充電できます。

高速充電

高密度リチウムポリマーバッテリーのおかげで、大容量であるにもかかわらず、本体は非常に軽量。小さな本体で大活躍してくれます

デバイスを何度でも充電できる大容量

容量
Image: machi-ya

20,000mAhという大容量も、「FREEK」の魅力。旅行や出張、アウトドアなどでも、十分に電力を補ってくれるでしょう。

軽い
Image: machi-ya

大容量であるにもかかわらず、本体は非常に軽量な「FREEK」。高密度リチウムポリマーバッテリーのおかげで、小さな本体に大容量のバッテリーを搭載することが可能になっています。

屋外で役立つさまざまな機能

防水
Image: machi-ya

「FREEK」は、水に濡れても故障しません。アウトドアで水場でもガシガシ使用できるのは安心ですよね。

LED
Image: machi-ya

明るさを3段階に調整できる高輝度LEDライトとしても使えます。最大799ルーメンのランタンはとても実用的で、アウトドアなどで大活躍。ライトは連続して70時間点灯し続けます。

衝撃
Image: machi-ya

屋外での使用となると、衝撃に対する耐久性が気になるところですが、「FREEK」は耐衝撃にも優れています。万が一落としてしまうようなことがあっても、働くことをやめません。


アウトドアだけでなく、防災グッズとしても重宝するモバイルバッテリー「FREEK」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、キャンペーン実施中。執筆現在では、限定300個まで47%オフの8,950円からオーダー可能です。

キャンペーン終了まで残り1日! 詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>「FREEK」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

    あわせて読みたい

    powered by