支援できるのは本日まで! スタジオの浮遮音構造を取り入れたカナル型イヤホン「T3-02」

  • lifehacker
  • machi-ya
  • author Qurumu
支援できるのは本日まで! スタジオの浮遮音構造を取り入れたカナル型イヤホン「T3-02」
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:

外出先でイヤホンをつけて音楽を聴いているとき、イヤホンの向こうから聞こえる雑音が気になったことはありませんか? 雑音が聞こえないようにイヤホンの音量を上げると、今度は音楽の音が大きくなりすぎたりして困りますよね。

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中のTAGO STUDIOの「T3-02」は、そんな屋外での使用を想定したカナル型イヤホン。遮音性能が高いので、周囲の音も自分の音漏れも気になりません

なんでも、その秘密はレコーディングスタジオの建築構造にあるとか。間もなくキャンペーンが終了しますので、特徴をおさらいしておきましょう。

イヤホンで究極のナチュラルサウンドを

スタジオ-1
Image: machi-ya

近年は、パソコンやスマホ、タブレットなどで音楽を聴くことが主流になりました。そんななかで、音楽の本当の感動が味わえるイヤホンは、なくてはならない存在です。

そこで、プロフェッショナルレコーディングスタジオ「TAGO STUDIO TAKASAKI」は、究極のナチュラルサウンドを実現させるイヤホンを開発しました。

「一流のエンジニア、アーティストの意見を集められるTAGO STUDIOならではのヘッドホンを作りたい」という想いから生まれたのが、「T3-02」なんです。

優れた携行性と高い防音性能

気軽に2
Image: machi-ya

誰もが気軽に綺麗な音楽を楽しめるために、TAGO STUDIOは、携行性に優れたカナル型のイヤホンでナチュラルサウンドを実現させました。

ヘッドホンだと荷物がかさばったりして少しだけ持ち運ぶのに苦労しますが、イヤホンだと屋外でも使いやすいですよね。

外環境-1
Image: machi-ya

屋外での使用となると、必ずしも静かな環境とは限りません。そこで重要な要素となるのが、高い遮音性能です。それを実現することで、究極のナチュラルサウンドを楽しむことができます。

カナル型なので、そもそもの遮音性はインナーイヤー型などと比べても高いでしょう。

イヤホンの中にもうひとつのイヤホン

遮音-1
Image: machi-ya

レコーディングスタジオには、「BOX-IN-BOX構造」という、部屋の中にもう一つ部屋を浮かせる浮遮音構造が用いられています。

これによって、スタジオ内の音漏れを防ぎ、外の雑音も聞こえないレベルの防音性能になっているんです。

コアユニット-1
Image: machi-ya

「T3-02」は、この「BOX-IN-BOX構造」を応用し、イヤホンの中にもうひとつのイヤホン(コアユニット)を設けることで、イヤホンの遮音性能を上げることに成功しました。

屋外にいながらにして音楽に没入できるということで、色んな場所で景色を楽しみながら、その風景に合わせた音楽を楽しむのもいいかもしれませんね。


「T3-02」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、キャンペーン実施中。執筆現在では、限定80個まで5%オフの39,809円からオーダー可能です。

詳細は以下のリンクからチェックしてみてください。

>>「T3-02」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya

    あわせて読みたい

    powered by