夏のアウトドアに! 身軽に持ち歩けて、保冷もできるメッシュバッグが最強だなぁ

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 林 美由紀
夏のアウトドアに! 身軽に持ち歩けて、保冷もできるメッシュバッグが最強だなぁ
Image: Amazon.co.jp

ROOMIEより転載:

友人や家族との夏のおでかげバッグには、濡れても大丈夫な素材で、大容量で、保冷機能もついたものが欲しい〜。

でもこれらを兼ね備えたバッグはどうしても大きくて、重たいものになりがち……。

と、思っていたら、身軽に持ち運べて、夏のお出かけにぴったりなバッグを発見!

アウトドアにも最適な多機能バッグ

Image: Amazon.co.jp

Idefairの「ビーチバッグ」は、縦45cm×横40cm×奥行き18cmの小さめなトートバッグサイズ。

身軽に持ち歩けるのに、アウトドアに持って行きたい機能が詰まっているんです。

Image: Amazon.co.jp

大きな特徴は底面に、3層断熱材料で作られたクーラーバッグが付いているところ。

保冷材と一緒に、飲み物やフルーツ、離乳食やチョコレートなどを長時間冷やしてくれます。

また、内側の生地は食品レベルのPEVA素材が採用され、密封できるので氷をそのまま入れても大丈夫なのだとか。

防水性に優れているので、食品以外にも、濡れた服やタオルを入れてもよさそうです!

大容量

Image: Amazon.co.jp

さらに、32Lまで入る大容量さもうれしいポイント。

たくさん入れられるバッグだと気になるのが、長時間持ち運んだ後の肩や腰の痛み。でも、このバッグは、ショルダーベルトにクッションパッドが付いており、体への負担を軽減してくれます。

ベルトの長さは調節可能できるので、ちょうどいい高さにセットしてみてくださいね。

Image: Amazon.co.jp

側面には8つのポケットがあり、収納スペースも豊富。

小さいポケットには、スマホや子どものおもちゃ、水筒など、すぐに取り出したい小物を入れることができます。

大きいポケットには、レジャーシートや着替え、浮き輪などの収納にいいですね。

使いやすさが考えられたデザイン

Image: Amazon.co.jp

バッグの素材は、メッシュ布+ナイロン布+高品質断熱材料+PVCで作られており、頑丈。

これなら、海辺、プール、釣り、スポーツなどのアウトドアでも安心して使えます。

Image: Amazon.co.jp

海水浴やピクニックなどのアウトドアは、荷物が多くなりがち。

しかも、いつもなら、クーラーバッグは別に持ち歩かなければいけないことが多ので、一体型は便利!

これ1つでなんでも済んでしまう最強のバッグなのでは!?

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページをご確認ください。

Source: Amazon.co.jp

あわせて読みたい

powered by