Amazonの完全ワイヤレスイヤホン、ついに登場:2019年のAmazon新プロダクトまとめ

  • 29,316

Amazonの完全ワイヤレスイヤホン、ついに登場:2019年のAmazon新プロダクトまとめ
Image: Amazon via Gizmodo US

寝ている間にAmazon祭り!

日本時間26日深夜、アメリカはシアトルで開催されたAmazon新製品発表会、Amazon Devices Event – September 2019Echo新シリーズはもちろん、噂されていた完全ワイヤレスイヤホンや、魔法使いみたいな照明器具に、オーブン、さらにメガネまで登場して、なかなかびっくりしました。

以下、発表されたプロダクト全リストです。当たり前ですが、もちろん全端末Alexa対応です。

Echo Dot(日本でも発売)

190926amazon201901
Image: Amazon

一目でわかるアップデート、時計がついた! イベント現地に居るCNETによれば、Echoのメッシュデザインの後ろにLEDスクリーンが1枚かんでいるとのこと。時間だけでなく、Alexaに聞けば温度表示もしてくれます。

60ドル。6,980円(日本では2019年10月16日発売)。

Echo(日本でも発売)

190926amazon201902
Image: Amazon

Echo Plusぽい見た目だけど、これは新Amazon Echo。ネオジムドライバ、3インチウーファー、音量アップで全体の音はもちろん、ベース音も良くなったとのこと。Alexa新機能としてAlexa Guest Connectが登場。これは、自分の家のEchoでなくてもリモートアクセスで自分のプレイリストを繋げるという機能。つまり、Echoユーザーのお友達の家に行って「私のプレイリストに繋いでもイイ?」ができるということ。友人とBGMでモメそうです。

100ドル。1万1980円(日本では2019年10月16日発売)。

Echo Studio(日本でも発売)

190926_amazon_new_echo_device_2019_1
Image: Amazon

今年のメインプロダクトの1つ、Amazonいわく「Amazon史上最もイノベーティブなスピーカー」だそうです。Sonos OneとAppleのHomePodをライバル視してます。Dolby Atmos対応で、4K Fire TV端末と連携可能。3つのミッドレンジスピーカー、5.25インチベースドライバ、ベースポートあり。Amazonいわく、ユーザーはStudioをコンセントに繋ぐだけ、あとは端末がお部屋環境を読み取って3Dサウンドをお届けしますとのこと。

200ドル。2万4980円(日本では2019年12月5日発売)。

Amazon Flex(日本でも発売)

190926amazon201911
Image: Amazon

コンセントにそのままぶっ刺して使うスピーカー。ある意味、壁掛けスピーカーのような。ただ、音楽を聞くというよりは、Alexaと連絡をとるという任務がメインの使用想定。電源を完全に塞いでしまわないよう、USBポートありなので他端末も充電できます。近々周辺アクセサリ(廊下用ナイトライトやモーションセンサーなど)もリリース予定。

25ドル(予約受付中)アクセサリは15ドルからを予定。2,980円(日本では2019年11月14日発売)。

以上、日本でも発売される新Echo製品でした。Amazon.co.jpの一覧ページはこちらより。以下、日本では発売が決まっていないけど、アメリカでは発売される新製品をどうぞ。

Echo Show

190926amazon201904
Image: Amazon

スクリーン付きスマスピEcho Show 10とEcho Show 5の中間サイズとして、Echo Show 8が登場。名前の通り8インチのHDスクリーンです。iPad Echo Dotで使えたペアレントコントロールありキッズ向け機能FreeTimeが、Echo Showにも対応。子ども向け動画や、保護者から許可を得た連絡先とビデオ通話などが可能。

130ドルから(アメリカでは予約受付中)。

Echo Glow

190926amazon201905
Image: Amazon

Alexaファミリー新メンバーGlowは、夜にぼわっと浮かびあがるように光るライト。子ども向け路線のプロダクトです。ライトは炎のように強弱をつけたり、カラーを変えたり設定で変更可能。おやすみタイマーもついてます。

30ドル(アメリカでは予約受付中)。

Ring Stick Up Cam

190926amazon201906
Image: Amazon

Ringシリーズの新作はStick Up Cam。屋内外で使えるカメラは1080p HD対応、モーション感知、ナイトビジョンつき。電源は、コンセント・バッテリー・ソーラーパワー系アクセサリに繋げます。

100ドル

Ring Indoor Cam

190926amazon201907
Image: Amazon

カメラもう1つ。お家の中用のカメラ。低予算でお家のセキュリティを強化できるアイテム。

60ドル

Amazon Smart Oven

190926amazon201908
Image: Amazon

去年電子レンジが登場してビックリしましたが、今年もキッチン家電ありました。Smart Ovenは、オーブン、レンジ、フライヤー、保温の4役をこなします。もちろんAlexa対応。

250ドル(アメリカでは予約受付中)。

Echo Frames

190926amazon201909
Image: Amazon

今年の発表会で、Appleで言うところの「One More Thing…」的に登場したのがコレ、スマートメガネです。家でも外出先でもメガネからAlexaこんにちは。カメラやディスプレイはなく、イヤフォンの役割をかねたメガネ。BoseのFramesと同ジャンルです。

Bose「Frames」ハンズオン:スマートメガネで最初に成功するのはBoseかもしれない… #SXSW2019

奇をてらったモノじゃない!去年のSXSW2018でプロトタイプが発表され、今年1月についにアメリカで発売されたスマートサングラス「Bose Fra...

https://www.gizmodo.jp/2019/03/bose-frames-hands-on.html

Echo Framesは、Amazonの「Day One Editions Initiative」プログラムの一環。数限定で新しいプロダクトを出し、ユーザーからのフィードバックで今後の生産状況を決めていくというもの。なので、現段階では一般販売はなく、一部限定ユーザーのみへのリリース。

180ドル。

Echo Loop

190926amazon201910
Image: Amazon

指輪です。画像のお父さん、よく見るとつけてます。ミニミニサイズのマイク2つとボタンがついたスマホと連動して使うAlexaリング。Alexa発動時(ユーザーの声を聞いている状態)に、指輪が振動して通知、そのほか電話なども指輪振動通知可能。これも一般販売はなく招待制購入のみ。

100ドル。

Echo Buds

190926_amazon_new_echo_device_2019_2
Image: Amazon

初Alexa連携のワイヤレスイヤフォン登場。バッテリー持ちは単体で5時間、ケースと一緒なら20時間。Boseのノイキャン内蔵。Alexaだけでなく、SiriがGoogleアシスタントにも対応。AppleのAirpodsより安く、Samsung Galaxy Budsと同プライス。

130ドル(アメリカでは予約受付中、10月発送予定)。

Amazon Eero

190926amazon201913
Image: Amazon

今年初めにAmazonが買収したWiFi企業Eeroからも新プロダクト。デュアルバンド、TrueMeshテクノロジ対応。サブスクサービスEero Secure・Eero Secure+も追加可能。

100ドル、3パックセット250ドル(アメリカでは販売スタート、11月にはヨーロッパで発売予定)。

Ring Fetch

190926amazon201914
Image: Amazon

来年発売予定、オマケ的に発表されたプロダクト。犬(ペット)の首輪につけることで、犬が指定範囲外に出ないかをトラッキングできるタグ。

Source: Amazon

    あわせて読みたい

    powered by