携帯もできるデスクの相棒、USB-C1本で必須ポートを増やせる「OWC Travel Dock Gen 2」はやっぱり便利だった!

  • 11,552

  • Buy
  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
携帯もできるデスクの相棒、USB-C1本で必須ポートを増やせる「OWC Travel Dock Gen 2」はやっぱり便利だった!
Photo: 小暮ひさのり

MacBookオーナーは要検討。

どこまでレガシーポートを使うか?というところに焦点が当たります。現在はUSB-Cを主軸としてポートの世代交代が起こっている真っ最中。

でも、USB-Aは? HDMIは?っていうとまだまだつかうし、あらゆるシーンに対応するには、拡張ドックはやっぱり必要です。

190918dok06-1
Photo: 小暮ひさのり

選択肢はいくつかありますが、今回はOWCの「Travel Dock Gen 2」を試してみました。

トップ画像のように、アダプターとラップトップ本体との間にかませることで、さまざまなポートを増やしつつ、電源も供給できるといった拡張ドックで、以前こちらの記事で紹介した「Travel Dock」の第二世代目。電源の最大入力が60Wから100Wへと拡張されています。

増やせるポートは「SDカードスロット×1」「USB 3.1 Gen 1(USB-A)×2」「HDMI×1」。SDカードやUSB-Aだけでなく、HDMIも使えるのがわかってますね!

190918dok03-1
Photo: 小暮ひさのり

電源確保できる自宅やオフィスなら、外付けモニターをつないで2画面で作業したいもんね。プレゼンする時などもHDMI出力あると便利ですし!

ちなみに、今回はフルHDディスプレイへ接続しましたけど、スペック上の出力最大解像度は4096×2160(30Hz)となっているので、4Kディスプレイへも接続できます。

190918dok04-1
Photo: 小暮ひさのり

カメラで撮影することが多いので、SDカードリーダーも便利ですし〜。

190918dok05-1
Photo: 小暮ひさのり

持ち歩いているガジェットが多いので、まだまだ現役なUSB-Aが2ポートあるのも重宝します。

というか、そもそも拡張ドック使わないとUSBメモリも刺さらないってのはMacBookさんのウィークポイント。こうしたポート増設のドックがないとできないことが多すぎちゃって…。

190918dok02-1
Photo: 小暮ひさのり

個人的に使っていて便利だと思ったのが、「Travel Dock」の名のとおり、ケーブルを収納してコンパクトに持ち運べるところ。

ケーブルダラ~ンってなっちゃうドックだと持ち運ぶ気になれないけど、これならカバンに突っ込んでおいてもいいかな〜って。仕事に向かうのはなにも自宅デスク、職場デスクとは限らないのだよ!という後押しをくれます。働きすぎでしょうか?

190918dok01
Photo: 小暮ひさのり

おっと、これは気になるなーという点も正直に書いておきます。

入力は最大100Wまでに対応しているとのことですが、手持ちに100W充電器がないので、MacBook Pro用の61W充電器を接続したところ、MacBookへの出力は52Wでした。45Wのサードパーティ充電器だと37Wまで低下。

およそ15%ほどのロスが発生していたので、ハードな作業をするなら高出力なアダプターを使った方がいいかもしれません。まぁ、デスクでMacBook標準アダプターを接続している分にはあまり気にならない低下量かな〜って。電力ロスはこの製品に限った話ではありませんし、利便性の方が勝る気がします。

こうしてちょっと弱点はあるものの、ケーブル1本でさまざまなポートを拡張できて、携帯にも便利なOWCの「Travel Dock Gen 2」は、執筆現在Amazonにて8,640円で販売中です。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので販売ページをご確認ください。

MacBookなどのUSB-Cラップトップを購入した方は、一緒にこれも検討してみましょう。ないとあるとでは安心感が大違いです。

Source: Amazon.co.jp