Apple Watch Series 5のプロセッサ、性能はSeries 4とほぼ同等説

  • 14,486

  • author 塚本直樹
Apple Watch Series 5のプロセッサ、性能はSeries 4とほぼ同等説
Image: Apple

そういえばスペックも…。

まさに発売されたてホヤホヤの「Apple Watch Series 5」は、あまり機能が進化していないのがちょい残念。さらに海外からは、そのプロセッサ(SoC)もApple Watch Series 4と同等品なのでは?という指摘が登場しています。

すこし情報をまとめると、Apple Watch Series 5には「S5」プロセッサが、そしてApple Watch Series 4には「S4」プロセッサが搭載されています。そして、どちらもApple Watch Series 3からの最大2倍の性能向上をうたっているのです。

一方、リークアカウントのSteve Troughton-SmithがXcodeから発見した情報によると、S5とS4は同世代のプロセッサでCPUとGPUも同一だと指摘しているのです。そして、実際のパフォーマンスも変わらないとしています。ま、実際にApple(アップル)も上のようにいっていますしね。

Apple Watch Series 5では内蔵ストレージの倍増(16GB→32GB)、コンパスの内蔵、常時点灯ディスプレイ、セラミックやチタンの追加が焦点となっています。しかし性能面では、前モデルからあまり違いはないのかもしれません。

Source: Steve Troughton-Smith (Twitter) via 9to5Mac

      あわせて読みたい

      powered by