基本のキ:ノーヘル&泥酔で電動スクーターに乗ってはいけない

基本のキ:ノーヘル&泥酔で電動スクーターに乗ってはいけない
Photo: Shutterstock

大人って、体が大きな子どもなんだよ。

アメリカでは普及が進み、めちゃ便利!サイコー!ないと困る!という人と、危なすぎるから規制強化して撲滅させるべきという人が真っ向から対立している電動スクーター(E-スクーター)。続出する電動スクーターに関する事故ついて、新たな研究結果が発表されました。これでわかったことは、ノーヘルで酔っ払って電動スクーターに乗ると危ないということ。…え、えぇ?

レポートをまとめたのは、2017年から積極的に電動スクーターのライドシェアを取り入れてきたカリフォルニア州の研究チーム。2017年9月1日から2018年10月31日までの約1年間、サンディエゴエリアの病院を電動スクーター関連の怪我で訪れた約103人のケースについて調査しました。多いのは、手足の骨折。大事には至らず入院の必要もなし、当日に帰宅できた人がほとんどですが、中には頭蓋骨内部出血が見られた大きな怪我もありました。

調査を進めるうちに、電動スクーターで怪我を負った人には共通点があることがわかりました。スクーター利用者のほとんどの人(98%)がヘルメットをかぶっていなかったのです。さらに、事故前にドラッグや飲酒をしていた人の多さも浮き彫りになりました。スクーターで怪我をして病院を訪れた患者でアルコール検査を受けたのは約80%、そのうち約半分が運転規定の血液中のアルコール濃度(0.08%)を超えていました。また、患者の62%がドラッグテストをうけており、こちらも約半分が陽性という結果に。

電動スクーターに注力したレポートは、まだ多くありません。今回の調査も、サンディエゴエリアで緊急性があるとしてトラウマセンター(怪我を救急手当する病院)に訪れた患者という、電動スクーターによる怪我でも一部の人だけを対象にまとめたものなので、一概に電動スクーターの怪我=コレと言えることではありません。…それにしても!ですよ!!

ヘルメットをかぶる。運転するときはお酒を飲まない、ドラッグしない。電動スクーターに限らず、乗り物の基礎のキのようなことが守られていないことが事故のきっかけになっているのです。これって、乗る人の意識の低さ、電動スクーターを乗り物として軽視している現状がうかがえますよね。さらに、ヘルメット着用義務づけは、新規ユーザー獲得の弊害になるという電動スクーター会社側のビジネス優先の姿勢も問題視すべきでしょう。(カリフォルニアでは今年から一部エリアでの大人のヘルメット着用が義務ではなくなっています)

今後ますますの増加が予想される電動スクーター。乗る人が増えれば、事故も増える。ただ、その事故の多くは、ユーザー自身が基本のキを気をつけることで防ぐことができるということを忘れてはいけません。

Source: Trauma Surgery & Acute Care Open

あわせて読みたい

powered by