2019年ですが、Nokiaからフィーチャーフォン3兄弟登場です

  • 24,287

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
2019年ですが、Nokiaからフィーチャーフォン3兄弟登場です
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

おかえり物理ボタン 。

IFA 2019で、Nokia(ノキア)が3機種のフィーチャーフォンを発表しました。スマートフォンを持つことが大前提のようにさえ感じられる一方、フィーチャーフォンはその代替マシンとしてまだまだ需要がある模様です。

お披露目された3つの機種は、高価な機種でもグローバルでの小売価格がおそらく110ユーロ(約1万2970円)ほどで安価なものがおよそ15ユーロ(約1,770円)とどれもお手頃な価格設定になっています。そのうえ4G回線に対応しているので、古いフィーチャーフォンをクローゼットから引っ張り出した場合とは違って、電波を拾えるかどうかの心配は無用です。

190909nokia2
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)
Nokia 110

190909nokia3
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


190909nokia4
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


190909nokia5
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


Nokia 110」は、新製品の中で一番安くて相応のベーシックな機能を備えた機種です。昔ながらのT9キーボードを採用し、小さな3インチのスクリーン、そして音楽プレーヤー、リアカメラといったマルチメディア機能、さらにFMラジオに対応しています。予想価格が15ユーロなら妥当でしょう。

あ、あと「Snake(ヘビのゲーム)」はプレイできます。それに今どきのスマートフォンと違ってNokia 110はヘッドホンジャックと着脱式バッテリーを採用しています。

190909nokia6
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)
Nokia 2720


190909nokia7
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


190909nokia8
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


190909nokia9
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


190909nokia10
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


次に紹介する「Nokia 2720」は、懐かしの折りたたみ式携帯電話。この機種はMotorola Razrと基本設計は同じ(かといってそれほど薄くもシュッとしてもいない)ですが、シンプルなプラスチック製のボディになっています(色展開はブラックとホワイト)。

見た目が洗練されていない分を中身でカバーしています。2720と110はともにNokiaのKai OSを搭載していますが、2720にはWhatsAppとFacebookへのサポートを含む数々のソフトウェア機能を追加しています。 Googleアシスタントに対応しており、音声入力と音声検索が可能。4GのWi-Fiホットスポットとしても使えます。

190909nokia11
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)
Nokia 800 Tough


190909nokia12
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


190909nokia13
Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)


最後に紹介するのは、耐久力のある電話を求めている人向けの「Nokia 800 Tough」。HMDとNokiaの提携による、初の頑丈な携帯電話です。防塵・防水性能はIP68で、1.8メートルの落下プロテクションとあらゆる軍用の810G規格に準拠しています。カラーバリエーションはマットブラックか砂色の迷彩柄、ベルトやカラビナに引っ掛けられるようストラップホールがついており、上部に懐中電灯が埋め込まれています。そして2720と同じように、Nokia 800 ToughもWhatsApp、FacebookとGoogleアシスタントをサポートしています。

2000年代後半からスマートフォンを避け続けている人や、メイン機のほかに無駄を省いたコンパニオンデバイスがほしい人には良い選択肢となるかもしれませんね。欧州では3機種とも9月から発売されるとのことですが、他の地域での展開もあるのでしょうか?

    あわせて読みたい

    powered by