剥いた皮を3D印刷でカップにするオレンジジュース・マシーン

  • 12,171

  • author 岡本玄介
剥いた皮を3D印刷でカップにするオレンジジュース・マシーン
Image: Laughing Squid

いつもはゴミになる皮がバイオプラスチックに!

搾りたてのオレンジジュースってのは最高に美味しいですよね。ジュースを飲むためにはカップが必要ですが、最近は環境問題的にプラごみなんかは出さないに越したことはない、という時代になっており、各社は紙ストローや廃材から作ったカトラリーを提供するなど、さまざまな工夫を凝らしています。

そんな折、イタリアのデザイン事務所Carlo Rattiがエネルギー会社eniとタッグを組み、循環経済の原理に基づいた実験的なオレンジジュース・マシーン「Feel the Peel」を作りました。これは剥いた皮を使ってバイオプラスチックを作り、それをフィラメントとして3D印刷でカップを作る、というもの。

高さ3mの傘の上にある1,500個のオレンジと、それがコロコロとマシーンに転がっていくローラーコースターな感じが目にも楽しく圧巻です。

Video: Carlo Ratti Associati/YouTube

Laughing Squidが取り挙げたこの「Feel the Peel」。WIREDによりますと、剥かれた皮は乾燥と粉砕を経て、バイオプラスチックとして生まれ変わるのだそうです。なので目の前で剥いた皮がそのまま使われるわけではないんですね。

粉末はそのご加熱および溶解され、そこで初めて3D印刷機によってカップが作られます。

190912_ojmachine2
Image: Laughing Squid

この「Feel the Peel」は、10月上旬にミラノで開催される「Singularity University Summit」というイベントに設置され、それからイタリア各地を回るとのこと。もし出会ったらカップはいい記念品になりそうですね。

Source: YouTube, Carlo Ratti, eni via WIRED via Laughing Squid

    あわせて読みたい

    powered by