ニューヨーカー、地下鉄の線路にAirPods落としまくり問題が深刻

  • 28,830

  • author そうこ
ニューヨーカー、地下鉄の線路にAirPods落としまくり問題が深刻
Image: Gettyimages

ポロっとね。

AirPodsユーザーなら共感できる問題です。軽くてつけている感じがしないAirPodsならではの難点は、ポロっといきやすいこと。ポロっといっても気づかないこともあること。このポロっとが、今、ニューヨークの地下鉄でかなり深刻な問題になっています。

ニューヨークの地下鉄、それも線路にAirPodsをポロっと落とす人がこの夏続出。メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティー(MTA)担当者いわく、Appleが今年3月に新AirPodsをリリースしていらいポロっといく人が増加しており、さらに今年の夏の暑さと湿度で装着する人の耳も手も汗だくで滑りやすく、この夏のポロっと報告件数は過去最高に。ある木曜日の午後だけで、線路にモノを落としたという報告は18件あり、内6件はAirPodsだったといいます。とにかく多い。多すぎる。

報告があった場合、地下鉄作業員が長い棒のようなもので広いあげるのですが、担当者は「色が白いのがせめてもの救い」と語り、小さなAirPodsを見つけるのは難しく時間がかかるといいます。また、落とした人の中には自力救出を試みる人もおり、電車の遅れや安全面から、ポロっと問題はかなり深刻化しています。

The Wall Street Journalによれば、MTAは地下鉄に乗る時はAirPodsの使用を控えるよう呼びかけることも考えているのだとか。

ちなみに、AirPodsは片耳だけ無くしてしまった場合、7800円で購入することができます。

Source: MacRumors

    あわせて読みたい

    powered by