2045年まで30年間、α7SでNYのタイムラプス写真を撮り続ける男性

  • 7,895

  • author 岡本玄介
2045年まで30年間、α7SでNYのタイムラプス写真を撮り続ける男性
Image: hackster.io

歴史の記録としても大事なプロジェクトですね。

定点カメラで同じ場所をずーーーっと撮影し続けて作るタイムラプス映像。一定の時間間隔で写真を撮り、コマ撮りのように繋げて対象物の移り変わりを記録する手法です。

タイムラプスを人力でやるには、相当な忍耐力が必要なだけでなく、現場に張り付いていないといけない、という大変な苦労が伴います。

にも関わらず、ニューヨークの写真家、ジョー・ディジョヴァンナさんが、2045年まで30年間タイムラプス動画用の写真を取り続けている、とhackster.ioが伝えています。

Video: Emeric's Timelapse/YouTube

使用機材

開始からすでに4年が経過しているわけですが、彼はソニーのデジタル一眼ミラーレスカメラ「α7S」を使い30秒毎に1枚の風景写真を撮っており、年32テラになるそのデータは5年連続稼働中のMacBook Proに保存しているとのこと。ですが当然ながら、データを記録するHDDも多数持っており、今後も増え続けることになります。ディジョヴァンナさんは手動でシャッターを切るのではなく、Arduinoを使って自動的に撮影しています。

なお、「α7S」を選んだ理由は、30年間使い続けるので摩耗する可動機械部品が少ないから、というものなんですって。最近のソニー製品は“ソニータイマー”が都市伝説化しているようですし、実際30年持ちこたえられるかもしれませんね。

作品を見てみよう

また彼は、Adobe「After Effects」で写真を繋いで動画に変換させ、Instagramに投稿しています。いくつかその作品を見てみましょう。

代わり映えのない風景でも、季節と天気でこうもドラマティックになるんですね。30年あれば、街並みや高層ビル群の様子も多少は変化していくことでしょう。あまりにも壮大なプロジェクトですが、2045年まで目が離せません。

Source: Instagram via YouTube via hackster.io

    あわせて読みたい

    powered by