Samsung、ガラケー型の二つ折りスマホを開発中か?

Samsung、ガラケー型の二つ折りスマホを開発中か?
Image: Sam Rutherford (Gizmodo US)

電話というよりガラケーみたいに折りたためるタブレット

たとえ多くのレビュアーたちがたった1日で壊したとしても、「Galaxy Fold」が革新的なデバイスであることに間違いないでしょう。これはどちらかというと、折り畳んでスマホのサイズになるタブレット端末といったデバイスです。なのでポケットが小さい人たちにとっては、使わないときは小さく折り畳める携帯サイズのデバイスのほうが好まれるはず。

Bloombergによると、Samsungは同様のデバイスを開発中であり、早ければ来年にも発表するよう動いている、と伝えています。

ガラケー型の二つ折りスマホになるみたい

この新デバイスは、いわゆる折りたたみ式スマホにはならないでしょう。イメージは、すでに流出しているLenovoとMotorolaのRazr製のデバイスみたいな感じ。韓国の報道機関ET Newsもウワサを報じていましたよね、6月にSamsungがガラケー型の二つ折りスマホを出すと! 当時私たちは、こうしたウワサをバカバカしいと言っていたのですが…Bloombergの記事を見るにその可能性は高そうです。

ポケットのサイズになる

Samsungの新型機は、開くと6.7インチのディスプレイが中に搭載されている、と伝えられています。その大きさは、巨大な「Galaxy Note 10+」より0.1インチだけ小さいディスプレイとのこと。Bloombergがいうには、新型機は「ポケットの大きさ」に折りたためるのだそうです。

高級ファッション・ブランドとの合作

またBloombergによれば、この新端末はGalaxy Foldよりスタイリッシュなものを目指しており、高級服ブランドのTHOM BROWNEがデザインを手掛けているとのこと。テック大好きっ子以外の層にも訴求を目指しているようですね。THOM BROWNEの服は、現代的な雰囲気を醸し出した東海岸向けのものが多く、若者向けのラルフローレンみたいなイメージのブランドです。おそらくですが、THOM BROWNEの協力はSamsungの将来の構想にクラシカルな風合いを授けてくれるのではないでしょうか。

Samsungにとっての問題とは…

彼らにとって障壁となるのは、スマホがテクニカル過ぎることではありません。それが高価でかつ悪評なことです。スマホが発火、もしくは保護フィルムを1枚はがしただけで壊れるのが問題なのです。それに値段が1,000ドル近くになると、人々は毎年、あるいは2年に一度のアップデートさえ、ためらうようになるでしょう。ですがSamsungは、閃きとスマートなデザインが、人々の心を変えてくれるであろうことに期待を寄せているようです。

Bloombergによると、このガラケー型の二つ折り電話は、2020年のどこかで発売するようです。

Source: Bloomberg, THOM BROWNE

    あわせて読みたい

    powered by