普通にほしい。犬型ロボ「Spot」のCM...じゃなくてローンチ映像登場

  • 6,706

  • author 岡本玄介
普通にほしい。犬型ロボ「Spot」のCM...じゃなくてローンチ映像登場
Image: BostonDynamics/YouTube

愛玩用にするには、まだ高いんでしょうね。

2017年に、黄色のボディーでポップになったBoston Dynamics(ボストン・ダイナミクス)社の犬型ロボット「SpotMini」。ソフトバンクの傘下になったらオシャレになって、その翌年には「2019年7月以降、年に1,000台を生産する」なんてが浮上していました。

そこから東京の建設現場を歩き回るなどで実証実験を重ね、ついに! 大々的に販売されることが、TVコマーシャル風の動画で発表されることとなりました。

Video: BostonDynamics/YouTube

これ1本で、何が出来るかをすべて表しているようですね。そしていつの間にか、「SpotMini」はミニではなく、「Spot」に改名したようです。

出来ることいろいろ

動画の説明によりますと、「Spot」は「幅広いアプリケーション用にカスタマイズできる機敏な移動ロボットとして作られており、基本形は不整地での移動、360度の障害物回避、さまざまなレベルのナビゲーション、リモート制御、自律性を提供する」、とあります。また特殊なセンサーやソフトウェア、そのたのペイロードを追加することで、「Spot」をカスタマイズすることが可能ともあります。

そして初期の購入者はすでに建設現場やガス、石油、電力設備などで遠隔検査を済ませており、安全性を確かなものにしています。

実は量産している

この映像を見ると、これから作り出すぞって感じがしますが、実はもう「Spot」は量産されされている最中で、現在は早期に選ばれた顧客の元へ出荷しているんですって。

もともと「SpotMini」時代には、建設、配達、防犯とホーム・アシスタントの4部門に絞ってテストを行なっていたようです。なので今後はサード・パーティー製のアタッチメントを合体させたりして、エンタメ業界も含めて各分野で活躍し、モリモリと地上に氾濫してゆくことでしょう。

お値段はいくらになるか不明ですが、高級車を買えるくらい懐に余裕があれば、注文フォームから申し込みが出来るようになっています。おそらく個人で売ってもらえるのは、一緒に散歩していたジェフ・ベゾスくらいでしょうけれども、欲しくなる魅力ありますよね。

Source: YouTube, BostonDynamics

Spot ほしい?

  • 0
  • 0
Boston Dynamics

    あわせて読みたい

    powered by