ジンの会社がスチームパンキッシュなスマートスピーカーを作るとこうなる

  • author 中川真知子
ジンの会社がスチームパンキッシュなスマートスピーカーを作るとこうなる
Image: HENDRICK'S GIN

とんでもない地雷臭がするスマートスピーカーだ…!

スマートスピーカーといえば、AmazonやGoogleやLINEやAppleといった会社を思い浮かべると思いますが、実はそういった大手以外でも作っているんですね。例えば、ジンの会社のHendrickとか。

Mashableが紹介したHendrickのスマートスピーカー「Horatio」は、ジンの会社らしくマティーニグラスホルダー付きなんです。そして気になる性能なんですが…。

「Horatio」はポンコツです。ユーザーのリクエストしたことに正しく応じるなんて期待しないでください。Horatioは役立たずです。(意訳)

プレスリリースで断言しちゃってます。つまり、Horatioは見てくれ以外の良さは無し! 詳細はほとんど明かされておらず、ポンコツであること以外では、英国訛りの英語を話すことくらい。

素材は真鍮、銅、革で、スチームパンクっぽいので、まぁ、インテリアのひとつとしてあってもいいかも。でも気軽に手を出せるお値段ではありませんよ。なにせ、1,113ドル(約12万円)ですから。ちなみに、世の中には物好きがいるもんで、すでに売り切れで再入荷を待つしかないみたい。

というか、このスマートスピーカー、何か既視感…? ああ、あれだ。養命酒スマートスピーカーだ。私、養命酒愛用者なんですけど、一時期「AI養命酒プレゼント!」ってキャンペーンやってたんですよね。デザインがまんま養命酒の外見で、部屋の雰囲気に溶け込む気ゼロなヤツ。

我が家の場合、ミニマリズムなリビングで「どれだけ養命酒の存在感を消すか」が課題なわけですが、AI養命酒はそんな努力をせせら笑うようなオーラの持ち主。そのキャンペーンの存在を知った瞬間に「ないわ」と記憶から消去しました。でも、今回の記事を書くにあたって改めてHPを見たら、「とんでもないポンコツAIだったためにクレームが来たから、中身据え置きで外見だけメタリックにパワーアップさせた」という情報が…! いやいや、なんで養命酒、そんなに挑戦的なん…?

いや、まぁ、養命酒ネタは本当にどうでもよくて(毎日お世話になっているのにごめんなさい。養命酒の効果は私が太鼓判押します)、今日の話題はHoratioでしたね。うん、Horatioも日本のAI養命酒同様、見かけ重視のポンコツスマートスピーカーというジャンルで頑張っているみたいですね。需要があるのかわかりませんが、どちらも入手困難という点で希少価値が高いのでしょう。

それにしても、12万円の役に立たないスマートスピーカーが売り切れかぁ。どんな人が買ったんだろう。

Source: HENDRICK'S GIN via Mashable

Horatio ほしい?

  • 0
  • 0
HENDRICK'S GIN

    あわせて読みたい

    powered by