その数4,000台オーバー! 世界最大のカメラコレクターのお宅訪問

その数4,000台オーバー! 世界最大のカメラコレクターのお宅訪問
Image: Gizmodo/YouTube

昔はカメラが安かったため、じゃんじゃん買えたのだそうです。

宝石商にして公務員でもある、ムンバイにお住まいのDilish Parekhさん。彼は世界で最もカメラを多くコレクションしている人物です。

40年以上に渡る収集歴で、ライカのようなレンジファインダーから、腕時計のように手首に着けるカメラ、珍しいf/0.95レンズのキヤノン7まで、あらゆるものを含む膨大なコレクションを集めています。

お爺ちゃんから受け継いだ

Parekhさんは祖父から、最初の600台写真への愛を受け継ぎ、それ以降カメラを集めまくりました。2003年には2634台のカメラを集めて世界記録を作り、さらには2007年に4425台で自己記録を更新しました。

米Gizmodoは、彼のもとに訪れ、共に1日を過ごして取材してみました。そしてムンバイを探索したり、写真撮影機器の膨大なコレクションを探索したりしました。

Video: Gizmodo/YouTube

その収蔵品にはボタン型やライター型などのスパイカメラも充実。古典的なダゲレオタイプもあります。

コレクションを始めた1970年代は、500ルピー(約760円)で店主がガラクタだと思い込んでいたカメラをたくさん買えたので、安いカメラがどんどんコレクションに追加されていきました。

最初に買ったカメラは「ローライフレックス 2.8」。1978年に2,000ルピー(約3,240円)で購入したそうです。

人生はカメラと共に

ちなみに、集めたカメラには番号が振られ、ひとつずつコンピューターで記録されています。そこには値段も記載しているため、もし彼が亡くなっても、家族が引き継いだり売り捌いたりするときに損をしなくて済むようになっています。

子どもたちはもう撮影するの止めなよ、と言うようですが、カメラは身体と心の一部であるため、「そりゃムリだよ」と笑うParekhさん。将来は子どもたちが収蔵を引き継ぐか、生きている内に博物館をオープンさせたいと希望を語っています。


Source: YouTube

    あわせて読みたい

    powered by