クイズ。オオカミの大好物って何でしょう?

  • 12,161

  • author Jake Buehler - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
クイズ。オオカミの大好物って何でしょう?
Photo: Brandon Barton

えぇっ、そうだったの?

ミシシッピ州立大学(Mississippi State University)でエコロジーの研究を進めるBrandon Barton氏は、オレゴン州ポートランドで学会に出席するため、オレゴン州とアイダホ州の境にある大峡谷のヘルズ・キャニオン(Hells Canyon)を旅していました。その道中にて、なななんと、オオカミの糞にトンでもない数のバッタが含まれていることを発見したそうですよ!

190924wolfb
Photo: Wikimedia Commons

ヘルズ・キャニオンは、荒漠とした人里離れたエリアのため、まだ野生動物も豊富に生息しています。すっかり日本では絶滅してしまったオオカミだって、たくさん生息しているのですが、もしやバッタを食べて生きているのでしょうか?

Barton氏は道端にセンサー付きのカメラを置いておき、本当にオオカミがバッタを大好物として食べまくったりしているのか、こっそり調べてみようとしたところ…。

190924wolfc
Photo: Brandon Barton

やって来ましたよ。野生のオオカミが夜になると戻ってきては、次々とバッタを食べているようです。今回の研究結果は、学術ジャーナルの「Ecology」に論文が掲載されていますけど、オオカミは必要カロリー10%をバッタから得ていると考えられるんだとか。

10%というとそれほどでもないように思えるものの、毎日10%のカロリーをバッタで着実に補給しているなら、これはかなりのものだと分析できるそうですよ。

190924wolfd
Photo: Brandon Barton

ちなみにヘルズ・キャニオンは夜になると急に気温が下がり、バッタの動きは大幅に鈍ります。ですから、もはやオオカミにとっては入れ食い状態でして、たいして逃げもせず草むらにいる大量のバッタを、もうバッタバッタと食べまくっては真夜中に栄養補給ができているらしいですね。ほかの動物を追いかけて狩りをする手間を考えるならば、こんなに楽して食べられるごちそうもないのでは?

なお余談ですけど、オオカミの糞はトンでもなく臭く、学会の間中サンプルを保管して大学まで持ち帰るのが本当に大変だったそうです。しかしながら、いざ分析してみると一夜の食事で少なくとも181匹バッタを食べる食べっぷりで、この季節のオオカミのごちそうであることは間違いないのでしょう。


Barton氏の発表論文ですが、いろいろ反響もあるようです。

生物学者のCarolyn Shores氏は、確かにオオカミがカメラに映っており持ち帰られた糞も分析されてはいるものの、本当にそのオオカミの糞だったと証明することはできていないこと、オオカミの糞とコヨーテの糞は非常に似ているので、さらなるオオカミの研究が進められねばならないだろうとコメントしています。

また、生物学者のTom Gable氏は、興味深い発見ではあるものの、オオカミが魚や白鳥、ビーバーにブルーベリーまで、生息環境に応じてなんでも食べる習性を有していることはすでにわかっているため、驚くには値しないとしていますね。これだけ多種多様な食生活なら、逆に大好物を見定めるのが簡単ではないかも?

Source: Ecology

あわせて読みたい

powered by