スティーブ・ウォズニアック「Appleみたいな大企業は解体すべき」

  • 15,004

スティーブ・ウォズニアック「Appleみたいな大企業は解体すべき」
Screenshot: YouTube/Bloomberg News

いつも率直なウォズ。

スティーブ・ウォズニアックは、いつも楽しそう。いくつになってもどこかワクワクしているような様子のウォズは、純粋なガジェット好きにとって憧れそのもの。いつかたどり着きたい夢のような立ち位置です。自分のやりたいことをやり、言いたいことを言うのがウォズの魅力ですが、今回の発言はなかなかはけっこう手厳しい。いわく「巨大なテック企業は解体すべきだ」と。もちろん、Appleもここに含まれます。

Bloomberg Newsのインタビューで、ウォズは米国における超巨大テック企業と独占禁止法の調査について言及。「僕は世界を平等な競争から閉ざしてしまう不公平で独占的な力には反対だね」「今、多くの巨大テック企業でこれが起きていると思う」と発言。さらに出身地であるAppleに対しても「大きな企業を解体するのは賛成。というか、Appleだってもっと昔に各部門がそれぞれ分かれて独立すればよかったのにって思う。僕が働いていたときのHPみたいに、それぞれが個々で考えられるようにしていたらよかっただろうにって」。

選択肢を奪うし、ネガティブ要素の方が強い

Bloomberg Newsのインタビュー動画は3本(Part 1, Part 2, Part 3)にわけてYouTubeで公開されています。3本で20分弱のインタビューですが、今のテック企業に対してウォズが言いたいことはコレ。「大手テック企業は大きくなりすぎた。僕たちの生活に対して力を持ちすぎてしまって、逆に選択肢をうばっている」。

テック企業は消費者に対して正直かつ真摯であるべきだとウォズは語り、Facebookなどの企業はこれが不十分だと指摘。Facebookに対しては、今年の7月にも「みんなFacebookやめちゃえばいい」と発言しており、ウォズ自身「ネガティブ要素の方が強い」として、アカウント消去はしないまでも、Facebookの使用をやめてしまいました。

ウォズの考え方

テック企業は解体すべき(各ディビジョンが独立して存在すべき)という意見のウォズですが、一方では、Appleがコンピュータを超えて多くのサービスを手がけていくこと自体は誇らしいともいいます。「暮らしを楽にするというのは、僕らがコンピュータで得意としてきたこと」なんでも、めちゃくちゃ簡単に使えるApple Payは、ウォズの大のお気に入り。

また、自分は政治のプロではないとはしつつも、世界の政治的状況にも意見。「学校に通っていたときに教わったこと。学校は正しいのかな? 間違っているのかな? 僕のチームは正しい? 間違っている? この考えは最終的に、僕のこの国は正しいのか、間違っているのかというとこに行き着く。だからこそ、何が正しく何が間違っているのかを見極めようとするのは大切」と話を展開した上で、自分が世界で1番えらい、自分だけが正しい!という姿勢のトランプ大統領をズタボロに批判。「自分の子どもをぜったいあんなふうに育てたくない」と完全否定していました。

ウォズ、今日も率直、元気です。

Source: Bloomberg News

    あわせて読みたい

    powered by