「中国を怒らせないように」Appleが番組制作者に伝えていたらしい…

  • 5,374

  • author 塚本直樹
「中国を怒らせないように」Appleが番組制作者に伝えていたらしい…
Image: Gizmodo US

商売だから…かな…。

テック企業への政治的な要求を強める中国ですが、その影響が続いています。海外報道によると、Apple(アップル)は「Apple TV+」の番組クリエーターにたいし、中国を怒らせないように伝えていたというのです。

BuzzFeed Newsによると、2018年にプログラミング番組を制作してている最中に、このような指示が出されました。しかも、その指示を伝えたのはAppleのソフトウェア&サービス部門ヴァイスプレジデントのエディー・キュー氏と、国際コンテンツ開発を率いるモーガン・ワンデル氏だというじゃないですか。まさに、トップダウンの伝達だったというのです。

中国によるAppleへの圧力としては、2016年に同国からの要請によりiBooksとiTunes Moviesが中国にて閉鎖されたこともありました。また、ハリウッドでは中国に配慮するのが当然だという業界の声も、BuzzFeed Newsは伝えています。

台湾の国旗が香港やマカオから消え、香港騒動を追っていたニュースサイトのQuartzのアプリが削除されるなど、今後も中国からの圧力が続くのかと思うと、なんだか暗い気持ちになってしまいますね。

Source: BuzzFeed News via 9to5Mac

    あわせて読みたい

    powered by