BMW、「自動運転車なら走りながらムフフなことしてもOKよ」なCMを作っていた

  • 14,551

  • author 岡本玄介
BMW、「自動運転車なら走りながらムフフなことしてもOKよ」なCMを作っていた
Image: ROAD SHOW

未来のモビリティーが新たなお愉しみの瞬間をもたらす。

かつてはTeslaとの自動縦列駐車対決で散々な結果を叩き出したものの、過去50mまで走った行動をすべて記憶し、その道筋を巻き戻すようにバックするリバースアシスト機能がビックリだったBMW

無人で走る自動運転バイクも研究が進んでいる彼らは、フューチャリスティックなコンセプトEV「BMW i Vision」シリーズも作っています。

「BMW Vision iNEXT」のCMが思わせぶりすぎる

そして「フランクフルトモーターショー2019」に出展された「BMW Vision iNEXT」にはコマーシャルが作られたのですが…これが本能に忠実な人間なら、誰もがやろうと考えるよねっていう構成になっているのです。

Video: Eurobiker Life/YouTube

これは9月23日に公開されたものの、どうやら今ではお蔵入りになってしまったようです。

考えることはみんな同じ

かつては、Teslaのオートパイロット中にポルノを撮影する猛者もいましたが、自動車が自律走行してくれるなら、時間を持て余した男女がすることは決まってるよね! という夢をそのまま映像にしています。とはいえ美しい男女が熱烈に求め合っているだけで、ダイレクトな描写はありません。あとは視聴者が推して知るべし、と想像力に委ねる形で終わっています。

車内の快適さをアピールする公式

ROAD SHOWによりますと、BMWは2021年までにレベル4の自動運転を提供することを約束しているとあり、また公式サイトでも、この自動車は「ドライブ中、最も自分らしくいられる空間」「まるで自宅でくつろいでいるかのような感覚」と、捉えようによってはムフフな妄想に繋がりかねない文言が並んでいます。なので総合的に見ると、勝手に動いてくれる自動車の快適な車中は、移動式のベッドルームになってもおかしくない、ってことをBMWご本人が言っちゃってるのがミソなのです。

もしこの車が販売されたら、購入者はそういう目で見られてしまいそうですよね。ついでに自律走行車が当たり前の世の中になれば、勝手に走る魔法の鏡号のお目見えもそう遠くないかもしれません。

Source: YouTube, ROAD SHOW via bOinGbOinG, BMW

あわせて読みたい

powered by