イノシシが道具を使っている姿、確認される

  • 43,702

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
イノシシが道具を使っている姿、確認される
Image: M. Root-Bernstein et al., 2019

最新の研究によって、イノシシは道具を使えることが明らかになりました。

チンパンジー、ゾウ、イルカ、カワウソ、カラスそしてもちろん人間は、道具を使うことで知られる数少ない地上の生物です。先日、Mammalian biologyに発表された研究のおかげで、そのリストにイノシシが加わることになりました。

チリのInstitute of Ecology and Biodiversityとフランス国立農学研究所に属する生物学者のMeredith Root-Bernstein氏率いるチームは、3年の間にヴィサヤンヒゲイノシシ(Sus cebifrons)が道具を使う姿を複数回観測しました。イノシシたちは囲いの中で、巣を掘るために棒や木の皮を使っていたのです。この行動はイノシシの間でも珍しく、本能的ではない、つまり道具の使用は適応知能と社会学習の結果であり、これまで過小評価されていたイノシシの知能の一面を強調していると研究者らは語っています。

Video: Meredith Root-Bernstein/YouTube

イノシシは賢いことで知られているので、なぜ今までこの行動が目撃されていなかったのか、米GizmodoはRoot-Bernstein氏に質問してみました。

彼女からの返信には「さあ知りません」と書かれていました。「イノシシにおける道具の使用についてのレポートがこれまでないことに気付いた時は、とても驚きました。イノシシは賢くて遊び好きで社交的で、物を扱うのが好きで、それに雑食動物なので彼らは生まれつきたくさんの異なる食物を処理する必要があります。それらはすべて、他の動物においては道具の使用に結びつくことが多い条件です。もしかしたら人々は十分に注意を払っていなかっただけなのかもしれません。あるいは、異なる種類のイノシシが道具を使うのを見たことがあっても、科学者たちは聞いたことがなかっただけのかも」 。

この研究の発端は、Root-Bernstein氏がフランスにあるパリ植物園付属動物園(絶滅危惧種ための動物園)で、ヴィサヤンヒゲイノシシが道具を使っているところを偶然目にしたことでした。思いがけない観察から正式な調査をやることになって、2015年から2017年にかけていくつかの実験を行なったのです。

191014pig2
Image: M. Root-Bernstein et al., 2019
巣のために落ち葉を集めるヒゲイノシシ。

フィリピン生息の絶滅危惧種であるヴィサヤンヒゲイノシシの自然のままの行動についてはあまり知られていないとRoot-Bernstein氏は言います。彼らは家族単位で暮らし、あらゆる食糧源のため林床を探し回って日々を過ごすとか。雌のヒゲイノシシは子ブタを世話するために、穴を掘って葉を敷き詰めて巣を作ります。重要なことに、この研究で観測された道具の使用はこういった巣作りの際の出来事だと同氏は語っていました。

分析のために科学者らは選んだ「道具の使用」の定義は、ノースカロライナ州立大学のRobert St. Amant氏とThomas Horton氏が考案したものでした。 道具の使用を「(1)動的な力学的な相互作用によって他の物、物質、外観あるいは媒体の物理的特性を変える、あるいは (2)情報の流れを伝達するという目標と共に意のままに操作可能な外部の物(道具)を駆使する能力の発揮すること」だと説明しています。

この研究の観察対象となったのは、飼育繁殖された4匹のイノシシ。2007年に生まれた雌Priscilla、2009年に生まれた雄Billie、そして2012年に生まれた彼らの子で2匹の雌(2匹をひとまとめにするのを避けるため、後にAntonia、Beatriceと名付けられました)です。研究の3年間で、イノシシたちが巣作りを手伝うために道具、具体的には木の皮や棒を使う実例が11回観察されました。イノシシらはこういったアイテムをスコップのように使って、前後に動かして、掘っているとはっきりとわかる動きを生み出していたのです。雄のBillieを含むすべてのブタたちに道具の使用が観測されました。

2015年に行なわれた研究では、研究者らは囲い地の中に葉っぱを増やせば道具の使用を促すと考えましたが、うまくいきませんでした。2016年に、干渉せずにイノシシたちを観察するだけにした際、道具の使用は自然に起きたのです。2017年の実験で研究者らは、イノシシたちが使うかもしれないと考えて木べらを加えましたが、それが選ばれることはありませんでした。

191014pig3
Image: M. Root-Bernstein et al., 2019
Priscillaが穴を掘るために木の皮を使っていることを示す動画からのスクリーンショット。

重要なのは、道具の使うという行動が自発的だという点です。

「自発的だというのは、対照実験のように解決すべき問題とそのために使える道具があるという状況を我々が用意したわけでないという意味」だとRoot-Bernstein氏は説明しました。

研究者らはさらに「ムーンウォーキング」と呼ばれる、巣作り中に起きた奇妙な行動も記録しています。

「それはいつも、巣作りの段階で道具を使う前に起きる行動」とRoot-Bernstein氏。「ブタたちは本当にマイケル・ジャクソンの動きを真似しているみたいでした。巣の壁を作ろうと土を後ろに押しやるために(ムーンウォーキングを)やっていました。イノシシたちはかなり陽気でハッキリした個性があったので、観測を行なっていた間はたくさん笑いましたね」と語っています。

もっと真面目な話に戻ると、この最新研究はイノシシにおける社会的学習への理解を深めるものです。これまでの研究が示してきたように、イノシシはどこで食糧を探すか、どの食物が食べても大丈夫かといった物事を仲間から学ぶ能力があります。他の事例としては野生のイノシシが、おそらく仲間から学んで食物を洗う姿が観察されているとRoot-Bernstein氏は言いました。

「我々の研究のヴィサヤンヒゲイノシシはおそらく、その行動を考案したであろう母親のPriscillaから学んだのだと提案します。彼女が一番道具を使うからです。ですが、我々は他の種における社会的学習の既知のパターンに基づいて推測しているだけ」と語っていました。「イノシシの社会的学習について、だれかがもっと複雑な研究をしてくれたら最高ですね」とも。

イノシシたちの知性を考慮すると、食べ物の探し以上を学べないとしたら驚くし、行動やおそらく互いに目標も学べるのではと同氏は考えています 。

Source: Science direct(1, 2), YouTube

    あわせて読みたい

    powered by