チェルノブイリ原発の制御室、観光客が見学できるように

  • 13,401

チェルノブイリ原発の制御室、観光客が見学できるように
Photo: Efrem Lukatsky/Getty Images

ダークツーリズム。

1986年、大惨事の中心にあったチェルノブイリ原子力発電所4号炉。その制御室は依然として放射線量が高いままですが、防護服とヘルメットと手袋を着用したうえであれば、観光客も見学ができるようになったとCNNは報じています。

放射線量4万倍の部屋は観光資源

チェルノブイリの旅行代理店がCNNに語ったところによれば、ガイド付きツアーのために制御室が開放されたのは、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領が7月に署名した、チェルノブイリの地域を正式に観光地化するという大統領命を受けてのことなんだとか(米HBO局の大人気ドラマ『チェルノブイリ』のリリースを受けて急激に関心が高まったのは偶然ではなさそうです)。観光客は見学した後、汚染物質への暴露量を測るため2つの放射線テストを受けなくてはなりません。

チェルノブイリと近郊のプリピャチはおよそ3,200平方kmの立入禁止区域の中心地ですが、この区域訪れる観光客はかなり前からいますし、スリルを求める人たちは依然として立入禁止とされている多くの場所によく侵入しています。しかし制御室を含む4号炉に入ることができたのはほんの一握りの人たちだけでした。Ruptlyによれば、室内の放射線量は自然環境より4万倍も高いとか。

ツアーは人気、被曝量は2日分

そんな制御室の中が果たしてどうなっているのかというと、2011年にGuardian紙が報じたところによれば、制御室の計器パネルのプラスチック製スイッチは「廃炉作業員の中にいた土産物を漁る人たち」によって大部分が取り外されたものの、原子炉の挙動についての図表と古くなったケーブル類は現存していたとか(おそらくグラファイトはないでしょうね)。ダメージの深刻な4号炉と旧「石棺」は新安全閉じ込め構造物と呼ばれる総重量3万2000トンのアーチに覆われました。

Video: Ruptly/YouTube

ツアー会社SoloEast toursの取締役Sergiy Ivanchuk氏は6月にロイターに対して、ツアーの予約はそれまでの年と比べて2019年5月(HBOのミニシリーズが公開された時期)に30%増え、夏の間の予約は40%増えたと語っています。ツアーガイドのViktoria Brozhko氏は、「多くの人がここを訪れ、テレビ番組や事件についてたくさん質問する。人々はますます興味をもつようになった…チェルノブイリ立入禁止区域を訪れる間、自宅に24時間いて受けるのと同程度の線量、2マイクロシーベルトほど浴びる」とロイターに語っていました。

1986年の事故では28人が急性放射線障害で、15人が小児甲状腺癌で亡くなりました。総死亡者数については今も論争が続いており、ほとんどの推定ではこの事故による長期的な癌の症例は何万件にもなると見定めています。

Source: CNN (1, 2, 3), Pacific Standard, Vice, National Geographic, Youtube, Guardian, European Bank, NYT, Reuters, New Scientist

    あわせて読みたい