「へん! ダークモードなんてクソだ、一過性のもんだ!」という1つの意見

  • 11,230

「へん! ダークモードなんてクソだ、一過性のもんだ!」という1つの意見

世界はとっても広いから、いろんな意見がありますよ。

2019年、テック業界ソフトウェアの最大のトレンドといえばダークモードです。リリースされるたび、「待望の!」やら「ついに!」とユーザーが長年待ちわびていた感をだしてくるダークモードですが、何にでも賛否両論好き嫌いはあるもの。米Gizmodo編集部のAndrew記者は、どうやらダークモード流行に「へん!」ってな気持ちみたい。喜んでるやつらは愚かものだ!どうせ一過性のものだ!と物申しております。あくまでたくさんある中の1つの意見として、Andrew記者の叫びを聞いてみます。


ネコも杓子もダークモード。リリースされたばかりのiOS 13、ダークモード。Android 10、ダークモード。Windows 10もmacOS MojavaもmacOS MojaveもChromeもFirefoxもGmailもSlackだってダークモード。2019年のマストアイテム、ダークモード。長年親しんできた白背景に黒テキストが、まるで悪だったかのような勢いでダークモードが台頭してきました。

目に優しい! 頭痛が軽減された! バッテリーが長持ち! 夜スマホ見ても隣で寝てる人の邪魔にならない! …本当にぃぃぃ? ダークモードの恩恵は、確かにある程度はあるとは思います。ただ多くの人が大騒ぎするほどではない、僕はそう思わずにはいられません。ダークモードさいこー!そう思っている人の大半は、実はなんとなくそんな気がしているだけなんじゃないでしょうか。みんながさいこーさいこー!言ってるから、なんかサイコー!な気がするという。

ここまでですでに、僕はダークモード嫌いと思われてしまったでしょうが、別にそういうわけではなく。本当に本当のダークモードで恩恵に預かっている人って、一部じゃないの?って言いたいのです。

バッテリーもちアップはOLEDスクリーンの端末なら

例えば、ダークモードでよく言われるバッテリーもちアップ。OLEDスクリーンの端末を使っている人、限りなく黒に近いグレーではなく真の黒、リアルダークモード機能を使っているユーザーなら、確かにバッテリーもちはちょっとよくなります。iFixitいわく、1日1時間は伸びる。たったの1時間、されど1時間。ただ、OLEDじゃない、使っているダークモードがリアル黒じゃないとしたら、バッテリーもちに変化はなし。ダークモードで盛り上がっている人のうち、適した画面で適した機能=OLED&リアルダークモードを使っている人って、一体どのくらいいるんでしょうか…。

白背景に黒テキストのほうが見やすいという実験結果もあり

ダークモード信者がバッテリーもちの次によく言うのが、目に優しい、見やすい!というポイント。これね、そんな気がするだけなんですって。TidBitsの解説によれば「よっぽどのことがないかぎり、ダークモードが目に優しいということはない」そうで、むしろ白背景黒テキストよりも悪いという話もあります。Motherboardが掲載したある実験結果によれば、乱視がある人は、暗い背景に明るい文字では症状が悪化し、文字がより読みにくいことがわかりました。むしろ、この実験ではライトモード?ホワイトモード?(なんて呼びましょうね、今までの白背景黒テキストのやつ)の方が、比較すると読み易いと結論づけています。Wiredは、ドイツのパッサウ大学のリサーチャー、スクリーンデザインについて研究を行うSusanne Mayr氏の解説を掲載。いわく正極性バージョン(=白背景黒テキスト)の方が、ダークモードよりも、被験者の読むスピードも速く、誤字脱字を見つける精度も高かったとのこと。

…ほらね?

ダークモードは一過性の流行に過ぎないのでは

最後に、利点うんぬん関係なく、ダークモードの方が見た目がいい!という意見。これは、もう個人の好き嫌い。ダークモードが席巻する今、ダークモードはトレンドです、流行りです。となれば、ファッションやメイクと同じです。数年後に思い返せば、???となるのがトレンドの運命。あの時はめっちゃ流行って、めっちゃ好きで、みんなやってたけど、今考えればないわってやつです。今ダークモード使っている人だって、しばらくしたら結局ライトモードに戻って「なんだかんだ、ライトモードがいいわ」なんて言ってるかもしれないわけでさ。そして、流行は巡るのでまたそのうちダークモード至高!って時がきたりでさ。そもそも、かつてコンピュータ画面ってのは黒背景に緑テキストだったわけで。そこから抜けたには理由があったわけで。

つまり、僕が言いたいのはそういうことです。現状、ダークモードの真の恩恵にあずかれている人なんてごく一部。あとは、みんな「なんとなく、いい気がしている」だけ。ただの流行りであり、一過性のものに過ぎないのです。


Andrewのこの記事、米Gizmodoコメント欄には100件以上のコメントが寄せられていますが、Andrewへの反対コメント=ダークモード好き派が圧倒的に多いです。いわく「ダークモードって名前がない頃から、ダークモード使ってる人は多い」「白背景の方が読み易いというのは、画面の明るさを周辺環境によって調整した場合ということを忘れてはいけない」。米Giz編集部内からも「これには賛同できん!」「私はダークモード好き。実用的だと思う」と反コメントが書き込まれています。ま、何事にもいろんな意見があるってことで、Andrew記者の意見は少数派ではあるようですね。

数年後、さて、ダークモードはどうなっているのでしょうか。

    あわせて読みたい

    powered by