ロシア発:片手で何機ものドローンを同時に操るコントローラー

  • author 岡本玄介
ロシア発:片手で何機ものドローンを同時に操るコントローラー
Image: IEEE Spectrum/YouTube

何だか妙なラスボス感が…。

ひとりで1機を操るだけで四苦八苦だというのに、ましてや2機以上を同時に飛ばすだなんて、まったくもって不可能としか思えないドローン操縦。ですがロシアのSkolkovo科学技術研究所(Skoltech)の研究者チームは、それを片手だけで実現させてしまう、とhackster.ioが伝えています。

では、まるで魔法かハンドパワーのように、1度に4機のドローンを操作する様子を目撃してください。

Video: IEEE Spectrum/YouTube

付かず離れずのインピーダンス制御

各ドローンはインピーダンス制御され、「バーチャル・スプリング・マス・ダンパー・システム」によりリンクされているとのこと。基本的に操っているのは1機ですが、リンクしているほかの3機にも信号を送っているようで、いずれも仮想的に見えないバネがあるかの如く、浮遊しながら一定の距離を保とうとしています。なので全機がほぼ同じように動いていますよね。

そして手指にはめたコントローラーが、動く方向と速さに応じて、操縦者からも一定の距離を保とうとするドローンたちが反応するのです。

触覚フィードバック付きコントローラー

面白いのは、指には振動による触覚フィードバックがあるということ。編隊が広がるときには中指から左右の小指と親指へを振動が移動し、編隊が集まると、反対に末端の指から中指へと振動が連鎖します。

指先のバイブレーターは、手首のユニットに接続されており、また表面にある赤外線マーカーを、ドローンが検知してこのウェアラブル・コントローラーの位置を把握するのです。


ドローンを手持ちのコントローラーではなく、人間の手の動きやジェスチャーで操ること自体は新しくありません。ですが複数機を同時に大移動させ、動きを触覚フィードバックさせるというのが斬新です。

もしこれを両手で8機操れたら…懐から手下を飛び出させて勇者にけしかける、ラスボスみたいになりそうですよね。でもちょっとやってみたいかも…。

Source: YouTube via hackster.io

あわせて読みたい

powered by