N.Y.で赤ちゃんの遺体を発見…と思いきや超リアルなゾンビ人形でした。ネットにはファンタジー人形の市場がある

  • 39,766

  • author Hudson Hongo - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
N.Y.で赤ちゃんの遺体を発見…と思いきや超リアルなゾンビ人形でした。ネットにはファンタジー人形の市場がある
Image: María Álvarez Porto/Etsy

救急隊員でも偽物だとわからなかったくらい。

6月の穏やかな朝、ある女性がクイーンズのクロシュロン公園の野球場とニレの木の近くをジョギングしていたところ、草むらの中に“小さな遺体”という恐ろしい物体を見つけました。

そしてすぐに救急隊員が到着し、現場で乳児が死亡したと宣言されました。ですがその数時間後、法医学研究者たちは異なる結論に達しました。

なんとその遺体は赤ん坊ではなく、超現実的な人形だと判断されたのでした。青灰色の皮膚ですか?それは芸術がもたらした結果であり、虐待によるものではなかったのです。

救急隊員のコメント

ニューヨーク市消防局は、現地のニュース番組WABC-TVへの取材で、こう答えています。

それは長時間死亡した兆候と一致する変色をした赤ん坊のように見えたのですが、ありがたいことに、それは実際に生きているかのように作られた小道具だったんです

ゾンビのような外見を完成させるために、人形には「クロウリング・デッド(這いつくばる死者)」と書かれた衣服を着ていました。それがコレ。

191025_shrekbaby2
Image: NYPD

確かに、紛らわしいにも程がありますよね。

趣味にしている人たちがいる

ネット上では、こうしたリアルな偽物の赤ちゃんは「リボーンズ(生まれ変わり)」として知られています。信じられないほどリアリスティックで、少なくとも90年代後半から、熱心なコミュニティーがそれらを製作および収集しているのです。

ニューヨークのゾンビ赤ちゃんのように、ホラー系のリボーンズは最近になって生まれたものですが…たとえ健康的な色合いの茶色やピンクであっても、「不気味」、「生ける屍」、「マジで超キモい」といった言葉を使わずにそれらを表現するのは難しい人形だったりします。

そして今の時代、リボーンズのようなサブカルチャーはそれほど驚くものではありません。政治的なものであれ、肉体的なものであれ、(今回の場合は)母性的なものであれ、ネット上で同じ趣味の仲間を見つけるのが、いかに簡単かは誰もが知っています。

Video: Nuria Ortega/YouTube

さらに衝撃的なのは、リボーンズ人形の信じられないほどのお値段です。もちろん、中国で大量生産されたダミー赤ちゃんで満足できれば、数百ドルで手に入れることが出来ます。安物買いで経年劣化して、ボロボロになれば自分のせい。ですがモンスターのような赤ちゃんを望むのであれば、特注するしかないのです。

Etsyでは、新生児のドラゴン、エイリアン、狼人間、吸血鬼に似た「ファンタジー・リボーンズ」が何十種類も売られています。手作りの人魚の赤ちゃんは500ドル(約5万4,300円)くらいで手に入りますし、ミニチュアの赤ちゃん『シュレック』は400ドル(約4万3,400円)だったりします。

製作者に話を聞いてみた

マリア・アルバレス・ポルトさんは、5年以上に渡りリボーンズを製作しており、現在は「飲んで排尿するミュータント・ドラゴン」のような人形を1,565ドル(約17万円)で販売しています。彼女は米Gizmodoに対し、自分の価格は高品質な素材のコストと、各人形に施される広範囲に渡る作業の対価とし、「ほかのものとまったく同じになることはなく、ほとんどの場合は完全に受注生産です」と語っています。もし人形がシリコン製であれば、塗装には4週間もかかるのだそうな。

ポルトさんはこう説明しています。

私はこのタイプの人形の魅力は、ファンタジーの場合には、まさにそれが空想上の赤ん坊であると信じています。世の中には、夢の世界やファンタジー(吸血鬼、ドラゴン、妖精)が好きな人や、映画のサーガのファンやコレクターがたくさんおり、ここで自分のコレクションに加えるものを見つけるのです。でもそれはもっと現実味のある見た目と感触ですけどね。

彼女はこうしたアイディアを具現化するのが大好きで、彼女のEtsyショップのレビューを一目見れば、それぞれの販売からの強い相互利益が見て取れます。

「飲んで排尿する未熟児ドラゴン」に1000ドル(約11万円)以上を支払い、大変に満足した顧客が、このようにコメントを残しています。

この赤ちゃんは説明された通りの出来栄えで、予定通りに届きました。やり取りは素晴らしく大好き大好き愛してます(ハート)

おしっこするドラゴンが、誰かをこんなに喜びで満たすことが出来るだなんて…外野が口を挟める世界ではありませんね。

ゾンビ赤ちゃんの持ち主は?

クイーンズで発見されたゾンビ赤ちゃんの所有者は特定されておらず、警察の広報担当者はGizmodoに対し、事件は進展していないと話してくれました。

今はニューヨーク市の司法制度という迷路の中のどこかで、かつて人形の親が大事にしていたであろう、生ける屍の子供が「証拠」と書かれた箱の中にまだ座っているかもしれません。でもそれ、何の証拠でしょうかね?

Source: WABC-TV, NEWYORK POST, Etsy (1, 2), El desván de María, YouTube

    あわせて読みたい

    powered by