カメラは見た! 電動キックボードのブレーキを切りまくるおっさんの姿

  • 10,104

カメラは見た! 電動キックボードのブレーキを切りまくるおっさんの姿
Image: Fort Lauderdale Police/YouTube

未明にまさかこんなにクッキリ映るとは…!

フロリダ州で電動キックボードのブレーキが何者かによって切断される被害が相次ぐなか、フォートローダーデール署は市内に住む59歳のRandall Thomas Williams容疑者を実行犯の疑いで逮捕し、犯行の証拠映像を世界に向けて公開しました。

全米225署と連携して批判囂々のAmazon(アマゾン)の防犯カメラつきドアベル「Ring」が、さっそく役に立ったかたち。いやあ…想像以上にはっきり写っていて、焦ります。

NBC Miamiニュースの初報によると、市内の被害は計140件で、確認されただけでも20件は同容疑者の犯行とのことです。ほかもワンパターンなので、同一犯の可能性も否めません。気になる修理費は1台70ドル(約7500円)で、140台だと100万円ちょっと。ライドシェアサービスのものなので、故障による機会逸失まで含めたらもっと高くつきそう。

動機はまだよくわかっていません。アメリカでは『 団塊の世代はソシオパスの塊』(タイトル試訳)という本が物議を醸していますが、こういうの見ると、いい歳こいて何やってんだよってまた言われちゃいますよね…。証拠映像では、ターゲットはLIMEの電動スクーターです。最初はQRコードを読み取らせる素振りをしています。ユーザーのフリこいて下見を終えると…次の瞬間には工具を持って現れてカット、カット。あっという間です。

Video: Fort Lauderdale Police/YouTube

容疑は器物破損の第三級犯罪、500ドルで保釈中です。

電動キックボードは邪魔だと思う市民も多くて、邪魔だと思うとアメリカ人は川に捨てたりするのでちょっとした社会問題になってます。ポートランドではウィラメット川にポイする反対派と川を攫って回収する保安官でイタチごっこになっていたり。でもブレーキ切るのは、下手すると「死ね」ってことなので、いくら反対でもよくない…。

フォートローダーデール署では「犯行を目撃したらすぐ119番(日本の110番)、切断後のものは会社に通報してください」と呼びかけていますよ

    あわせて読みたい

    powered by