Google謹製アプリ、まさかの紙製スマホを実現!

  • 38,604

  • author 湯木進悟
Google謹製アプリ、まさかの紙製スマホを実現!

突き詰めればこうなる?

なんでもありな超豪華機能のスマホより、最近はミニマル化の方向へ進んでいるようにも思えます。Google(グーグル)が発売した「Pixel 4」では、指紋認証センサがカットされましたし、イヤフォンジャックが非搭載となったスマートフォンは数知れません。スマホ中毒を警告し、通知の嵐からユーザーを解放するサイレントモードで、デジタルデトックスを目指す動きなども…。

Image: Special Projects/YouTube

このほどThe Inquirerは、なななんと、Googleが自らリリースした、スマートフォンの束縛からユーザーを解き放つためのAndroidアプリとなる「Paper Phone」について伝えています。デザインスタジオのSpecial Projectsとコラボし、その日その日に本当に必要なアプリだけを選んでプリンターへと送信。すると、電話帳の連絡先からスケジュール、タスクリストに地図、天気予報まで、A4サイズに打ち出しては、コンパクトに折りたたんで携帯できるようにしてくれますよ!

多くの現代人が、スマートフォンに時間を取られすぎ、テクノロジーとの付き合い方にバランスを保つことに難しさも感じている。Paper Phoneの試みで、テクノロジーからのデジタルデトックスに挑戦し、もっと大切なことに集中できるよう、ユーザーをサポートしていきたい。

こんなふうに、Paper Phoneがリリースされた経緯が説明されています。Googleが、一見するとアナログな紙によるアプローチを試みるのは、あの段ボールを用いたVRゴーグルの「Cardboard」を想起させ、意外に驚かないって人さえいるかもしれません。どんどん高機能に進化したスマホの次は、実は原点に戻って、必要最低限の機能に絞り、ノートと鉛筆の時代に回帰したり? これならバッテリー切れも故障も気にならず、あとは通話できるケータイさえあればいい? SNSはやめなきゃいけませんけどね。またデジカメが復活し、眠っていたプリンターも大活躍?(毎日印刷すると、紙の消費量が増えて、これはエコじゃないって指摘がくるのかも?)。

Source: The Inquirer

    あわせて読みたい