GoogleはStadia向けの独自ゲームスタジオを検討中らしい

  • author 塚本直樹
GoogleはStadia向けの独自ゲームスタジオを検討中らしい
Image: Alex Cranz(Gizmodo US)

ますます盛り上がりそう!

とうとう11月19日からサービスがスタートする、Google(グーグル)のストリーミングゲームサービス「Stadia」。なんとGoogleが独自のゲームスタジオの設立を検討していることが判明しました。

UbisoftやEA(エレクトロニック・アーツ)のベテランでGoogleに移籍したJade Raymond氏はGamesIndustry.bizのインタビューで、「異なる複数のファーストパーティーのゲームスタジオを設立する計画がある」と語っています。

さらに、Googleが考えているのは一般的なゲームではなく、たとえば完全な物理演算を取り入れたゲームや、あるいはGoogle アシスタントをNPCに組み込むなど、彼らの技術力を注いだ意欲的なものになるみたいです。これは実に気になる!

StadiaではUbisoftやEAだけでなく、日本からもバンダイナムコやカプコン、セガ、SNK、スクウェア・エニックスなどのさまざまなゲームスタジオがコンテンツを提供します。もしGoogleが独自開発した技術がサードディベロッパーにもフィードバックされれば、さらにプラットフォームが盛り上がることになるでしょう。

なおRaymond氏によると、Googleによるクラウドを活用したゲームはすでに少数が開発されており、4年もかからずに毎年独占ゲームが登場するそうです。Googleが描くゲームの未来、はやく見てみたいものです。

Source: GamesIndustry.biz via The Verge

    あわせて読みたい

    powered by