これは音楽を楽しむ家具。IKEA初のスピーカー「ENEBY」レビュー

  • 13,284

  • author 照沼健太
これは音楽を楽しむ家具。IKEA初のスピーカー「ENEBY」レビュー
Photo: 照沼健太

音楽を暮らしに取り入れる、シンプルな”家具”。

IKEA初のオーディオスピーカーとして話題の「ENEBY(エネビー)」は、正方形フォルムと円形のダイヤルを組み合わせたミニマルなデザインと、“家具的”な雰囲気を持つ布製カバーの組み合わせが、どこか懐かしくも未来的な印象のプロダクトです。

2種類のサイズ展開がありますが、今回はよりコンパクトな20Wモデルを使ってみてのレビューをお届けします。IKEAならではの性格を持つENEBYは、音楽を生活の一部として楽しむにはぴったりなスピーカーだと言えるでしょう。

ENEBY

L1000051
Photo: 照沼健太

これはなに:IKEAがデザインした初のBluetoothスピーカー。20Wモデルはオプションでバッテリー駆動が可能。

価格:5,999円

好きなところ:タイムレスで家具的な魅力を持つミニマルデザイン

好きじゃないところ:中途半端な音質

シンプルな操作、ワイドな使い道

L1000021
Photo: 照沼健太

ENEBYの操作は、すべてスピーカー前面のダイヤルで行ないます。クリックすることで電源オン〜Bluetoothペアリング、そしてダイヤルを回すことで音量調節や高音/低音のバランス調節。

最新のBluetoothスピーカーでありながら、なんともプリミティブな手触りです。

世代によっては電波ラジオのチューニングや、あるいはホイール時代のiPodを思い起こすかも。“オーディオ機器の原型”といった趣は好印象です。

L1000024
Photo: 照沼健太

こちらは背面。やはりシンプルな仕上がり。

電源プラグ上部の「AUDIO IN」部は3.5mmのミニジャック仕様。多くのユーザーにとってはBluetooth接続での使用がメイン用途となると思われますが、有線での使用も可能です。

使い道のなくなった昔のiPodや、あるいはアナログレコードやカセットテープのプレイヤーを接続して使うのも面白いかも。インスタグラムのフィルターのように、いろんなイコライジングがプリセットされていたらもっと面白そうだなーと思ったりも。

ガジェット的な魅力がたまらない、バッテリー駆動&オプション装備

L1000022
Photo: 照沼健太

ENEBYのもう一つの魅力が、付属のハンドルや、別売オプションによる、カスタマイズ。本体側面上部にあるフタを外して…

L1000059
Photo: 照沼健太

ここに付属のハンドルが取り付けられるようになります。

L1000067
Photo: 照沼健太

さあ、どうでしょう。持ち運びに便利なハンドル仕様にしても、シンプルさは損なわれません。

どこかキャラクターめいた愛くるしさが出てくるような気がしませんか?

L1000074
Photo: 照沼健太

そして、ハンドルを取り付けて持ち運びしやすくできるということは、もちろんバッテリー駆動が可能ということでもあります。

この別売のバッテリーパックを購入し…

L1000072
Photo: 照沼健太

本体底面のフタを開け…

L1000078
Photo: 照沼健太

バッテリーを挿入して、フタを閉めればバッテリー駆動が可能に。

ちなみにバッテリーパックについているこのフィルムは、取り出し用の取っ手です。絶縁シートと勘違いして剥がさないように注意しましょう(間違って剥がしちゃったので慌てて貼り直しました)。

L1000081
Photo: 照沼健太

こうして電源プラグのないバスルームやキッチンなど、どこでも好きな場所で音楽が楽しめるようになります。 連続再生時間は約8〜10時間と十分なスペック。 バッテリーの充電はENEBY本体を電源ケーブルに接続すると自動で行なわれます。

L1000104
Photo: 照沼健太

そして最後のオプションは、別売のスタンドです。

本体背面の穴にスタンドを取り付けると…

L1000099
Photo: 照沼健太

こんな感じに。

スピーカーが机や棚と直接接地しなくなることで、共振が減り、よりクリアなサウンドが楽しめるようになります。

角度がつくので、床などの低い場所に置きたいという人にもいいかもしれません(高さは2段階に調整可)。

音質は値段を考えれば…

L1000109
Photo: 照沼健太

ENEBYはコンパクトではありますが、音量は十分。一般的な生活環境では、最大音量で鳴らすことはまずないと思います。

ハイファイな方向性ではない、温かみのある音作りは好印象。妥協なく突き詰められたデザインに対しての音作りへの無頓着さは中途半端な印象も否めませんが、リーズナブル値段を考えれば文句はありません。

モノラルスピーカーだからこその、リスニングポジションを限定しない“音楽が部屋全体に広がる”感じも含め、生活の一部としてカジュアルに音楽を楽む目的にはぴったりのプロダクトではないでしょうか。

ブラックとホワイトの2色展開で、20W出力の20cm×20cm(3.2インチウーハー)モデルが5,999円(税抜)、42W出力の30cm×30cm(4インチウーハー×2基)モデルが9,990円(税抜)。

iPhoneやMacのスピーカーで音楽を聴くのもいいけれど、こんなスピーカーが一つ部屋にあれば、音楽をもっと身近に感じられるはずです。

せっかく良いデザインの製品なので、スピーカー部を強化したハイエンドモデルも見てみたいものですが。

ENEBY ほしい?

  • 0
  • 0
ENEBY エネビー Bluetooth スピーカー - IKEA

    あわせて読みたい

    powered by