PC用Nintendo Switchエミュ、実機レベルで動作する模様

  • 28,675

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
PC用Nintendo Switchエミュ、実機レベルで動作する模様
Image: BSoD Gaming/YouTube

エミュレーターの性能も格段に向上しましたが、実装させるPCの馬力も必要。

どんな理由で使おうとしたかはさて置き、これまでエミュレーターは本物とほとんど変わらないゲーム体験を提供してきました。しかしそれらは…完璧ではありませんでした。

ですが、PC用のNintendo SwitchエミュレーターYuzuの開発者たちは最近、『スーパーマリオ オデッセイ』のようなゲームを60fpsでフルに走らせることができるアップデート版を公開しました。実機で遊ぶのとほぼ同じ性能なのです。

エミュレーターはPCのリソースを食う

実はメガドライブや、スーパーファミコンといった古いゲーム用に作られたクラシックなゲームを、ソフトウェアのエミュレーターで完璧に走らせるには、かなりの処理能力が必要になります。それはCPUが、それらゲーム機が持つプロセッサーやほかのチップの動作をエミュレートしなければならないから。その結果、エミュレートされたものは完全再現にはならないのです。フレームレートの問題や奇妙な音のバグが発生することになります。

そのため、Analogueのような企業は、ゲームを完璧にエミュレートするために古いプロセッサーとまったく同じように動作する物理ハードウェアを製造したりしているのです。彼らによるメガドライブのカセットが遊べるMega Sgは、昔風のゲーム機なのに190ドル(約2万円)もしますし、ほとんどのソフトウェア・エミュレーターは無料でダウンロードが出来るので、ゲーマーたちはほとんどの場合、フレームレートが低くても多少の妥協で程々に満足しています。

ゲーミングPCの並の性能を持つようになってきたゲーム機

最近のゲーム機では、話が少し違ってきます。それらはPCと同じCPUおよびグラフィックカードに基づくカスタムチップを使用することが多いため、エミュレートされたゲームのパフォーマンスが大幅に向上する可能性が出てきます。

エミュレーターできることは実機でできるゲーム体験と100%イコールではありませんが、最近Yuzuに実装されたアップデートが証明しているように100%にかなり近付いています。

Video: BSoD Gaming/YouTube

スイッチのゲームがほぼ完全再現

YouTuberのBSoD Gamingは最新のYuzuを試してみて、『スーパーマリオ オデッセイ』の動作が100%に近かったことに感銘を受けています。エミュレーターは毎秒60フレームを吐き出すことができ、また複雑なステージのいくつかでフレームレートがわずかに低下するだけだったのでした。とはいえ、Yuzu上で一番低いパフォーマンスであっても、かつてのエミュレーターが最高の状態を再現していたときより良いものでした。

ほかに『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』をプレイしても、同様の性能向上が見られたとのことです。

1年で急成長したYuzu

Yuzuが初めて『スーパーマリオ オデッセイ』をプレイ出来たのが去年の7月でしたが、それから1年後には実際のスイッチに匹敵する性能に達せたことを踏まえると、素晴らしい成果です。ですが同時に、エミュレーターは再現したいスイッチ用ゲーム毎に最適化と微調整されなければならないのですが、その工程には長い時間が必要になってしまいます。

本物には敵わないけどね

そういったことを考慮すると、もし皆さんが任天堂の最新&最高のゲームをプレイしたくてウズウズしているのなら、「うちのゲーミングPCはスイッチの性能を再現できるほどの馬力を持っているかも」と期待するよりも、さっさと2万円でNintendo Switch Liteを買った方が良いと思います。なにより、正規品ですしね。

Source: yuzu, YouTube

    あわせて読みたい

    powered by
    Nintendo Switch Lite グレー
    Nintendo Switch Lite グレー

    20,460円

    購入