GoogleさんがPixel4の顔認証システムのためにホームレスを騙して顔をスキャンする

  • 8,523

  • author 中川真知子
GoogleさんがPixel4の顔認証システムのためにホームレスを騙して顔をスキャンする
Image: Made by Google/Twitter

道徳的にダメでしょ。

GoogleはPixel4の顔認証システムを向上させるために、5ドルのギフト券と引き換えに米国内でフェイシャルデータを集めていたことを認めましたが、The Vergeによると、Googleが請負業者に依頼してホームレスや学生から騙すような形でフェイシャルデータを集めていた可能性があると伝えました。

情報の出所は、実際にプロジェクトに関わった複数の人物で、契約会社のRandstadが彼らをアトランタに送り、ホームレスや肌の色が濃い人たちをターゲットに顔のデータを集めさせたとのこと。しかも、集める目的や顔を記録していることを伝えなかったこともあるそうです。

Daily Newsが伝えたところによると、GoogleはRandstadがホームレスの人たちをターゲットにしていたことは知らなかったけれど、Googleのマネージャーが肌の色が濃い人たちのデータを集めるように指示したことを明かしています。また、元関係者の証言も伝えています。


元関係者によると、「ホームレスをターゲットにすることを彼らがメディアに話すことがなく、何が起こっているのかさっぱり見当も付いていない」と言われたそうです。

一部の人は「スナップチャット」に似た自撮りゲームのようなものと言われて顔のデータを集めていました。また、ある関係者は「スマホで数分間遊んでくれたらギフトカードを渡します」や「新しいアプリを試してくれたら5ドル支払いますよ」といった説明をするように言われていました。

また、別の元TVC関係者によると、カリフォルニア州のチームメンバーは、10ドル未満のギフトカードを現金に換えることができるという州法を伝えれば、貧しい人たちを引きつけることができると具体的な方法を伝えられていました。

Daily Newsは、この報告書に含まれる写真も掲載していました。それを見ると、大きなデバイスを両手でしっかりと持った被験者と、机の上に並べられたスタバのカードらしきものが確認できます。

かつてGoogle Photosで黒人の写真がゴリラと認識されたケースを考えると、顔認証の精度を向上させるのは必然でしょう。でも如何せんやり方がよろしくないと思います。特にホームレスに対する扱いは、道徳的にもダメでしょう。

私、留学時代とオーストラリア滞在時に知らぬ間にホームレスの人と仲良くなっていました。知らぬ間に、というのは彼らは普通に身ぎれいにしてカフェにいたし、たまに私にコーヒーを奢ってくれるような人だったので、ホームレスだという事実を知らなかったんです。

彼らはちゃんと自分の意見も持っていたし、自分が置かれた状況から脱却したいと真剣に悩んで努力していました。だから、コミュニティカレッジに通って資格をとって新たなキャリアを目指したりしていました。みんながみんなそうだとも言いませんが、だからといって「何が起こっているか見当もつかない」わけじゃないと思います。

だまし討ちして顔データをとるのではなく、ちゃんと目的を説明して協力してもらうことはできなかったのでしょうか。それだと別の問題が発生するのでしょうか?

Source: The Verge

    あわせて読みたい

    powered by