なぜかテックメディアがポケモンの「国内最速メディアプレビュー会」に呼ばれたんだが…

  • author ヤマダユウス型
なぜかテックメディアがポケモンの「国内最速メディアプレビュー会」に呼ばれたんだが…
Photo: ヤマダユウス型

ポケモンの未来を見た。

Nintendo Switchでは初の『ポケットモンスター』シリーズ完全新作になる『ポケットモンスター ソード・シールド』。発売日の2019年11月15日(金)がじわじわと近づいてきましたが、皆さんどうですか。楽しみですかー!

ギズモード・ジャパンでもタイトル発表時から何かと情報を追いかけてきましたが、なんとこのたび、株式会社ポケモン主催の『ポケットモンスター ソード・シールド』国内最速メディアプレビュー会にお呼ばれしちゃいました。ゲームメディアでもないのに、なぜだろう…。

ポケモン愛にあふれた会場

191022pokemonplay_02
Photo: ヤマダユウス型

というわけで株式会社ポケモンへやってきたのですが。

受付のジョーイさん…ではなくおねーさんに「お好きな1匹を選んでください」と、ガラル地方の最初のパートナーと3匹なるぬいぐるみ(お土産)を選ばされたではないですか! えーまだ気持ち固まってないよー! どうする、どうする……!?

191022pokemonplay_03
Photo: ギズモード・ジャパン

ここは直感で、ヒバニー、キミに決めたッ! まさかリアルでこの三択を迫られることになるとは。

191022pokemonplay_04
Photo: ヤマダユウス型

では、新たなパートナーと共に、いざ『ポケットモンスター ソード・シールド』国内最速メディアプレビュー会のせかいへ!(ドゥンドゥンドゥン…)。

191022pokemonplay_05
Photo: ギズモード・ジャパン

Wow……ポケモンだぁ…!

191022pokemonplay_06
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_07
Photo: ヤマダユウス型

ガラル地方のジムリーダーたちやエール団も勢揃い。ルリナー!

191022pokemonplay_08
Photo: ヤマダユウス型

こちらは主人公ゾーン。今作は皆おしゃれですねー。

191022pokemonplay_09
Photo: ヤマダユウス型

こっちはジムチャレンジのユニフォーム。胸のロゴやデザインといい、すごく現実のスポーツ大会っぽさがあります。

191022pokemonplay_10
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_11
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_12
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_13
Photo: ヤマダユウス型

マタドガス(ガラルのすがた)、紳士みがある(今作はUKがモチーフ=騎士、英国紳士、工場!?)。ジュラルドンは公式いわくバンギラスと生息域が同じとも書いてあったり、ポケモン同士の関係性もより複雑になりましたね。

んで、テンションあがったのが以下の歴代『ポケットモンスター』シリーズ勢揃いゾーン。23年のあゆみを一気に見てもらいましょう。

191022pokemonplay_14
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_15
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_16
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_17
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_18
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_19
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_20
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_21
Photo: ヤマダユウス型
191022pokemonplay_22
Photo: ヤマダユウス型

圧巻だなぁ…皆さんはどのシリーズに思い入れがありますか? 僕はコロコロコミックの読者プレゼントで初代『ポケットモンスター 青』をゲットしたのをよく覚えています。

国内最速プレイの感想は…

Video: YouTube/ポケモン公式YouTubeチャンネル

今回の『ポケットモンスター ソード・シールド』国内最速メディアプレビュー会では、本作の序盤を50分プレイさせてもらいました。詳しい固有名詞は言えないのが残念なのですが、まだ世に出ていないポケモンがバンバン出てきてめっっっちゃくちゃワクワクしました。新しい冒険、新しいポケモン、新しい世界!

191022pokemonplay_23
Photo: ヤマダユウス型
株式会社ゲームフリークで今作のプロデューサーの増田順一氏(右)とディレクターの大森滋氏(左)

増田順一さんは「今作は最強のポケットモンスターに仕上がった」と述べていましたが、これ誇張でもなんでもないです。今までの『ポケットモンスター』シリーズの世界観を残しつつ、あるいは改善しつつ、新しい要素がふんだんに盛り込まれています。育成面も進化したそうなので、ガチ勢にも優しい仕様に。

メタい目線で見ると、『スプラトゥーン2』『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』といった、近年の任天堂看板タイトルで学んだであろう部分が随所に活かされてると感じました。3D表現(オープンワールド)、グラフィックデザイン(テキスト表現やシェードのかけ方)、オンライン要素の盛り込み方(マックスレイドバトルのマッチングやローカル通信)などなど。任天堂エッセンスの集大成ともいえますね。

いやー、ただでさえ楽しみだったけど、この50分のプレイで「面白いだろうな〜」という予感が「ぜったい面白い!」という確信に変わりました。マックスレイドバトルも仕組みと報酬が上手いこと出来てたし、もうやりがいしかない。

最近のポケモンのクールさを考えてみると

191022pokemonplay_24
Photo: ヤマダユウス型

にしても、どうしてゲームメディアじゃないギズモードが呼ばれたんでしょう。振り返ってみると、僕たちは『ポケットモンスター ソード・シールド』に対しては完全新作ということだけでなく、情報の見せ方やテック感、ガジェット感みたいな部分にも関心をもっていました。

たとえば、情報の見せ方という切り口だと、ニンテンドーダイレクトでの情報発信のほか、ゲリラ的なイベントもありました。ポケモンの公式サイトが前触れなくバグったり、ポケモンライブカメラで24時間ライブ配信をしたり(新ポケモンがちらっと映る演出)、過去に『ポケモンGO』関連では謎のポケモンをいきなり登場させたり。なんだか、ドラマチックな仕掛けが増えている、気がする!

なんてことを思ったので、増田さんにズバリ聞いてみました。最近のポケモン関連のこうした取り組みは、一体なんだったんでしょう?

増田さん:僕たちはポケモン一匹一匹をとても大事にしていて、ユーザーにはその出会いも大事にして欲しいと思っているんです。誰とどんなときに捕まえたのか、そのすべてを体験として感じて欲しい。最近は、開発部門や宣伝部門と連動してそうした体験を作ってきました。自分たちも「面白いことしているね」っていう一体感がありましたね(笑)。

あぁ、これだ。僕たちは増田さんのこの言葉を聞きに、今日ここへやってきたのかもしれない。

そうなんですよ。最近のポケモンって、もうゲームの枠を超えてる気がするんです。もちろん、各地のポケモンセンターをはじめ、体験としてポケモンというコンテンツに触れられる場はすでにありましたが、最近はカルチャーやファッションとの習合も強まっているというか。なんなら『ポケモンGO』はテック×ポケモンの習合ともいえる。

191022pokemonplay_25
Photo: ヤマダユウス型

iPhone 11の、Appleがスマホをみんなのものにした話と似てるかもですけど、ポケモンはとっくに僕たちユーザーにとって当たり前な存在(コンテンツほどの意識もなく)になっています。『ポケットモンスター ソード・シールド』のタイミングで、そこがさらに推し進められようとしている。それは国民的ゲームという表現に留めるよりも、ゲームから生まれた体験がやがてゲームを超えて僕たちに届くような、もっともっと普遍的な在り方を目指していると感じるのです。というか、ポケモンを現実にしてしまおうっていう試みそのものがイノベーティブ極まってますもの。

さぁ、新しいポケモンの世界を楽しもう

ポケモンを捕まえて、バトルして、各地を旅する。世界を変えた育成RPGは、今年で23年目の進化を迎えます。Nintendo Switchでプレイするポケモンだと『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ』『ポケットモンスター Let's Go! イーブイ』が先に登場していましたが、完全新作としては『ポケットモンスター ソード・シールド』が初。Nintendo Switchという素晴らしいハードを舞台に、ポケモンの世界はさらに拡張します。

改めて、発売日は2019年11月15日(金)。公式サイトでの価格は5,980円(税別)。このタイミングでNintendo Switch Liteをゲットするもよし、バッテリーが強化された新生Nintendo Switchをゲットするもよし。

191022pokemonplay_26
Photo: ギズモード・ジャパン

もう僕たちはポケモンがいる世界に生きていて、今、ポケモンの世界がもっと広がろうとしている。さぁ、ガラル地方へ飛び出す準備はできたか…!

Source: 『ポケットモンスター ソード・シールド』公式サイト

©2019 Pokémon. ©1995-2019 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

ポケットモンスター ソード・シールド ほしい?

  • 0
  • 0
『ポケットモンスター ソード・シールド』公式サイト

    あわせて読みたい

    powered by