ソニーXperia 1レビュー:2019年でもっとも過小評価されているスマホ

  • 109,154

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • R.Mitsubori
ソニーXperia 1レビュー:2019年でもっとも過小評価されているスマホ
Image: Gizmodo US

マス向けじゃないけど、ハマる人には超ハマる。

6月に発売開始されたソニーのスマホ、Xperia 1。低迷するモバイル事業を盛り返すべく、他事業部からあらゆるノウハウが詰め込まれた新作になっています。今回は、米GizmodoのSam Rutherfordのレビューを紹介します。


2019年に登場したスマホのラインナップを見ていると、どうやら今年はフチなしディスプレイや折りたたみ式スマホ、ディスプレイ内蔵型の指紋リーダーなどなど、パッと目を引く嗜好を凝らした機能がトレンドの様子。

ですが、ソニーのXperia 1には、こうした機能は1つもついていません。フチも広いし、21:9のディスプレイはかさばるし、本体右側面にはボタンやらセンサーがずらっと並んでるし…。なんかひょろっとして、思春期の若者みたいにちょっとバランスが悪い感じ。見た目もイマイチで、「万人に愛される人気者」にはなれなさそう。

いや、でも、このまま2019年でもっとも過小評価されるスマートフォンになってしまうには、ちょっと惜しい感じ。ほんとは、結構いいとこあるんですよ。

Xperia 1

Xperia2
Image: Gizmodo US

これは何?:ソニーの主力商品(2019年)
価格:11万円前後(キャリアやプランなどによって変動)
好きなところ:スリムなデザイン、瞳オートフォーカス、動画撮影専用アプリ、縦横比21:9の4Kディスプレイ、簡単に取り外し可能なSIMトレイとmicroSDスロット
好きじゃないところ:バッテリーの寿命が短い、側面の指紋センサーの感度が悪い、イヤフォンジャックがない、ディスプレイ画質はいまひとつ

ここ数年、ソニーの携帯電話が苦戦を強いられていることは皆さんご存知のとおりです。2018年第2四半期には、スマホ事業を手がけるソニーモバイルの赤字がプレイステーション部門の黒字を上回る、という深刻な事態に。

この状況を打破すべく、ソニーモバイルは力を尽くしてきました。どん底から抜け出す唯一の方法は、これまでのやりかたをぶち破る、大変革を起こすことだったんです。

2018年春、新社長に就任した岸田氏のもと、同社は設計プロセス全体を刷新。これまでの社内生産体制を見直して、テレビやミラーレスカメラ事業を担うハードウェア部門と協力。Xperia 1(とその兄弟製品のXperia 10)を大きく飛躍させようと頑張ったんです。その結果、スマホ改革成功、したわけなんです。ある意味では。

テレビの技術を使って開発されたのが、世界初の4K有機ELシネマワイドディスプレイ。外出先でNetflixなどの高画質ストリーミング動画を楽しみたい人には、かなり垂涎もの。このディスプレイ、本当にきれいです。画面サイズは縦横比21:9で、画面の上下はトリミングされないし、レターボックスもありませんから、映画館と同じ画面比で大ヒット映画を見ることができます。逆に、YouTubeなんかでは16:9や18:9のコンテンツが多いので、そういう動画を見るときは左端か右端が真っ黒になっちゃいます。あちらを立てれば、こちらが…です。

ディスプレイが大きい分、その縁に設置されたのがサイドセンスという名のタッチセンサー。電話の側面(左右どっちでもOK)をダブルタップすれば、通知とかバッテリーモード、マルチウィンドウなど、よく使うアプリやショートカットを開くことができます。確かに便利なんですが、問題が1つ。手探りでセンサーを探し当てるのがむずかしい…。指が慣れるには時間がかかりそう。実は私もいまだに、サイドセンスメニュを一発ではなかなか開けません…。

Xperia3
Image: Gizmodo US
ね、レターボックスないでしょう。

ソニーのカメラ部門からも技術、応用してますよ。Xperia 1のカメラには、同社が誇る最高級ミラーレスカメラの瞳オートフォーカス・トラッキングシステムが搭載されているんです。この機能が自動的に人の目を検知してピントを合わせてくれるので、ピンボケにならずに被写体をきれいに撮影できるんです。これは他の携帯電話にはない、Xperiaならでは機能で、人物写真を撮るのが好きな人には超重要。今はやりの「ボケ味のある写真」や「被写界深度を浅くする効果」なんかよりも、ずっと大事なんです。

アウトカメラには12メガピクセルの標準、望遠、超広角の3つのレンズが内蔵されているので、その時撮りたいものに応じてモードを選ぶことができます。ちなみに、ソニー独自のシャッターボタンは、私のお気に入り。

スマホで動画を撮影するのが大好き!という方におすすめなのが、スマホ動画撮影専用機能「Cinema Pro」も搭載しています。このアプリにはプロ仕様デジタルビデオシリーズ「Cine Alta」ゆずりの専門的な機能が満載。設定のほとんどをマニュアルで操作できるので、ホワイトバランスやフォーカス、フレームレート(23.96または29.97 fps)なんかも簡単に調整できますし、オーディオレベルやストレージの空き容量もわかりやすく表示してくれます。

「プロ仕様のカメラ」と同等、とまでは言いませんが(そもそもこれ、スマホですし)、Cinema Proは「超ポケットサイズのデバイスで高品質の動画を撮りたい」という人には、最高の一品です。

Xperia4
Image: Gizmodo US

あと、忘れちゃいけないのが、Xperia 1のダイナミックバイブレーションシステムです。これはXperia XZ2から導入された機能なんですが、ゲームや音楽、映画の音声をリアルタイムで分析して、それに合わせてスマホを振動させてくれるんです。まさに、ダイナミックバイブレーション。大革命!ってほど画期的ではないですが、かなり楽しいですし、他のデバイスにはない機能です。

…とまあ、いいところばかり見てきましたが、もちろん課題点も少なくありません。まずはバッテリー。小型の3300 mAhで4Kディスプレイに高解像度の画像を映すわけですから、消耗が激しくてバッテリー寿命はせいぜい「並」レベル。我々がテストしたところ、連続動画再生時間が10時間33分。Galaxy S10プラス(15時間9分)やOnePlus7 Pro(13時間36分)など、大手競合他社と比べてもかなり短いですね。

Xperia5
Image: Gizmodo US
動画撮影アプリCinema Proのキャプチャ画面

Xperia 1には、ワイヤレス充電やイヤフォンジャックもありません。950ドル(約10万2000円)もする携帯電話にしては、これはイタイ。(現在は約850ドル以下で買えますが)。特に、イヤフォンジャックはオーディオを楽しんだり、マイクを接続して動画撮影に使ったりできるので、これがないのは致命的…のように感じます。

あと、私、サイドにある指紋センサーもあんまり好きじゃないんです。好みは人それぞれでしょって感じなんですが、私の経験上、サイドセンサーって背面センサーとかディスプレイ内蔵型センサーより、感度が低いんですよね。

でも、Xperia 1最悪の残念ポイントは、これだけ血統書つきのカメラを搭載しているわりに、ディスプレイの画質がイマイチだってとこでしょう。Galaxy S10、Note10、Pixel3と比べても、Xperia 1の画像は細部や彩度が、ちょっと劣っているんです。

Xperia6
Image: Gizmodo US
Pixel3のほうが、細部がきれい。暗めのホイールは顕著。



Xperia602
Image: Gizmodo US
一方、Note 10は望遠で撮った画像が素晴らしい。色彩を豊かに、正確に、鮮明に映し出しています。


Xperia 1の問題は他にもあります。その1つが、高性能でプロ仕様になりすぎたカメラです。(ハイライトを維持するため)あえて露出を抑えたり(過飽和を防ぐために)、フラットなカラープロファイルが使われたりしていて、ちょっと本格的過ぎ。つまり、「ユーザが自分で画像編集するよね」とか「シェアする前に自分で調整するよね」というのが前提になっているんです。

でも、今、スマホでとった写真でそこまでするユーザはむしろ少数派。簡単にきれいな写真に加工できるInstagramのフィルター機能と比べると、少々扱いにくいと言わざるを得ません。

そんなこんなで、Xperia 1はかなりニッチ向けのアイテムになっています。このデバイスの機能を最大限生かせるのは、写真や動画撮影に労を惜しまないモバイル動画マニアや熱心なカメラ愛好家のみ。ただ、ソニーの他の部門から最高の機能とコンポーネントを拝借する、というのは非常に合理的な考え方です。私としては、プレステ部門にも大いに貢献してほしいところですが。

Xperia 1は唯一無二のデバイスであり、過小評価されていることは間違いありません。確かに、ソニーモバイルの収益を支えるほどマス向けとは言えませんが、同社のスマートフォン事業への新しいアプローチとして、Xperia 1は未来のデバイスにつながる大きな可能性を秘めているんです。

まとめ

Xperia7
Image: Gizmodo US

・発売当初の価格950ドルより、(小売業者によっては)100ドル以上値下がりしている。

・高価なわりにワイヤレス充電もイヤフォンジャックもなし。イヤフォンジャックは動画撮影やオーディオ視聴に便利なのに…。

・Xperia 1の4K有機LEDディスプレイは、映画好きには最高!その分、バッテリーが短命化。 ・ソニーの瞳オートフォーカスと動画撮影アプリCinema Proはすごい機能だけど、普通のユーザには宝の持ち腐れ。ゆえに、評価も低め。

・Xperia 1はAndroid 9に対応。ソニーはAndroid 10へのアップデートを約束していますが、今のところ具体的なスケジュールは未定。

Xperia 1 ほしい?

  • 0
  • 0
ソニーモバイル

    あわせて読みたい

    powered by