「macOS Catalinaアプデを待ったほうがいい人」はこちら

  • 62,326

  • author 塚本直樹
「macOS Catalinaアプデを待ったほうがいい人」はこちら
Image: Apple

うちはまだしていません。

とうとう配信が始まった、Mac向けの新OSこと「macOS Catalina」。iPadをMacのサブディスプレイ化できるSidecarで話題騒然ですが、移行期にはさけられないいくつかの不具合や注意が登場しています。以下が関連する人はアップデートを待ったほうがいいでしょう。

1. PhotoshopとLightroom Classic:一部プラグインが動作しない

PhotoshopとLightroom Classicでは、いくつかのプラグインが32ビットであるために正しく動作せず(macOS Catalinaは64ビットに完全移行済み)、Adobeはこれらの問題が解決されるまでOSアップデートを延期するように呼びかけているのです。

具体的には、Photoshopではファイルフォーマットの変換、ドラッグ・アンド・ドロップしたプラグインが見つけられない、過去バージョンのPhotoshopで制作した32ビットのドロップレットが動作しない、ExtendScript ToolkitとLens Profile Creator が動作しない、などの症状が発見されています。さらにLightroom Classicでは、ニコン製カメラとのテサリング機能やLens Profile Creatorに不具合が存在するようです。

2. iTunesがなくなる:ライブラリのアプリ連携が使用不能に

macOS CatalinaにはiTunesがMusicに置き換わりましたが、それに伴って音楽ファイルの場所などがまとめられたライブラリデータのフォーマットが変更に。結果としてiTunesの音楽ライブラリを他アプリに連携できなくなっています。これで困っているのがDJたち。たくさんの音楽を管理しパフォーマンスの際にいつでも出せるようにiTunesライブラリを活用していたのができなく…。

この件については、Apple自らが「XMLファイルのサポートが必要な場合には、アップグレードせずにmacOS Mojaveを使い続ける」ことを推奨しています(連携先アプリの対応を待つべしとのこと)。なお、Windows版のiTunesには特に変更はなく、このXMLファイルの問題も存在しないそうです。

Source: The Verge (1, 2)

    あわせて読みたい

    powered by