山火事にスタンフォード大学発の新対策。事前にスプレーで火事発生を抑える

  • 6,072

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
山火事にスタンフォード大学発の新対策。事前にスプレーで火事発生を抑える
Photo: Eric Appel via Gizmodo US

自然災害を目の当たりにすると、人間の無力さを感じます。でも我々には最新テクノロジーがある!

アメリカでは大規模山火事が深刻な問題で、年間1,000万エーカーが燃え、国は対策費用として20億ドル(約2168億円)を投資しています。が、発生した山火事を鎮火するための対策では不十分。もし発生そのものを防げれば…! と、スタンフォード大学が発火防止ジェルを開発しました。

今までも、山火事のリスクが高いエリアにジェル状の発火抑制剤を捲くという対策は行なわれてきましたが、その効力はほんの一時的なもの。なぜなら、雨風、または熱によってすぐに抑止材が消えてなくなってしまうからです。短いものだと抑止効果は1時間ほどだというので、自然の力に対抗するにはほぼ意味なしというレベル。また、抑止材の中には有害物質を含むものもあり、不安の声もあがっていました。

今回、スタンフォード大学の研究チームがProceedings of the National Academy of Sciencesに発表した論文によれば、チームが新たに開発したセルロースベースの発火抑止ジェルなら、ワンシーズン通して草木に残り、数ヶ月間持続して効果を出せるというのです。使われている成分は、すでに食品、薬品、化粧品などでも使われている無害な物質なので安心も確保。

研究チームの試算では、従来の発火抑止スプレー100万ガロンに対し、新たなジェルスプレーならば2万ガロンほど(だいたい1/50の量)で同等の効果を発揮できるといいます。その上、従来の農業スプレー機器をそのまま使えるので、新たな投資は必要ないというありがたいことばかり!

カリフォルニア州森林保護防火局と連携して、山火事リスクの高いエリアでのテスト使用が始まっており、すでに0.5インチの雨量でもジェルは流されず効果が持続されたという報告があがっています。カリフォルニア州が全土で採用を決めるには、今後まだ追加テストが必要とのこと。

昨今の気候変化により、今後北米ではますます山火事のリスクが高まっていくと予想されていており、新対策は必要不可欠なのです。

Video: Stanford Woods Institute for the Environment/YouTube

Source: Stanford

    あわせて読みたい

    powered by