USB-Cがついた「Surface Laptop 3」と「Surface Pro 7」ハンズオン

  • 22,548

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
USB-Cがついた「Surface Laptop 3」と「Surface Pro 7」ハンズオン
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

ポート類がひとつずつなのは残念かも。

Microsoft(マイクロソフト)はSurface NeoSurface Duoを発表したことで、自らのお株を奪ったかもしれませんが、その裏で主力のノートPCも2-in-1 PCも、わかりやすいだけでなく非常に有意義なアップグレードを行なっていました。

15インチのSurface Laptop 3

Surfaceファミリーに訪れた大きな変化は、新しい15インチのSurface Laptop 3の追加。これは新しく生まれ変わった13インチに代わる、より大型でパワフルな選択肢です。加えて、13インチのSurface Laptop 3とは異なり、15インチ型はIntelベースとAMDベース両方の構成を備えた、初めてのSurfaceデバイスとなります(15インチのIntel搭載モデルは法人向けモデルのみ。13インチのSurface Laptop 3に搭載されているのは第10世代のIntelチップだけ)。

どちらのモデルにも、チップにはCore i5-1035G7とCore i7-1065G7の選択肢があり、15インチにはAMD Ryzen 5 3580UとVega 9グラフィックス、もしくはRyzen 7 3780UとVega 11グラフィックスの構成があります。

191004_surface2
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface3
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface4
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface5
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface6
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface7
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface8
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface9
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface10
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface11
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface12
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface13
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


質素なデザインはそのまま

Microsoftは、以前のSurface Laptopが持つ超シンプルで、ほとんど質素なデザインには手をつけていません。整然としてスリムなベゼルを維持しながらも、Surface Laptop 3のスピーカーをキーボードの下に隠すことで、スピーカーグリルといった見栄えの悪さに繋がるものを避けているのです。

そしてSurface Connectのポートは実際に変わっていませんが、MicrosoftいわくSurface Laptopは急速充電ができるようになり、1時間以内に0から80%まで充電できるようになりました。

また、これまでSurface Laptopの特徴だったアルカンターラ(高級スウェード調の合皮)に包まれたキーボード・デッキに加え、アルミボディのモデルも追加。13インチのSurface Laptop 3は、全4色ですが、プラチナとコバルトブルーは布製デッキで、サンドストーンとブラックはアルミ製デッキ。

15インチのSurface Laptop 3にはアルカンターラのオプションもありません。全2色すべてアルミ製。

191004_surface14
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US
USB-Cポートが追加

USB-Cが付いたものの…

しかし、使い勝手の面で施された最大のアップグレードは、Surface Laptop 3とSurface Pro 7の両方が、USB-C(Thunderbolt3は除く)が付いたことでしょう。とはいえ、正直言ってただ古いMini DisplayPortをUSB-Cに交換しただけでは、Microsoftが充分にやり切ったとは思えません。

どのサイズのSurface Laptop 3を選んでも、USB-Aポート、USB-Cポート、ヘッドフォンジャック、Microsoftの充電/ドッキング用Connectポートがそれぞれひとつずつ備わっています。15インチのSurface Laptop 3は、おそらく外付けマウス、ハードドライブ、モニターなどの周辺機器を接続するであろう、クリエイティブなユーザー向けに設計されているため、接続の選択肢が限られているのは特に不満を禁じ得ないでしょう。

Surface Pro 7はマシ?

Surface Pro 7の外部端子もわずかですがLaptop 3より良いですよ。新しいUSB-Cが加わり、microSD用スロット、Surface Connectポート、それにヘッドフォン・ジャックとUSB-Aポートも残っています。

一方で残念なのは、Surface Pro7のハードウェア面でのアップグレードはこれで終了なのだそうです。新しい第10世代Intel CPUを除けば、昨年のSurface Pro 6とほとんど同じです。

191004_surface15
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface16
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US


191004_surface17
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


191004_surface18
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


191004_surface19
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


191004_surface20
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


191004_surface21
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


191004_surface22
Image: Sam Rutherford (Gizmodo)


USBハブが別途要るかも

スッキリした筐体と余計なものがインストールされていないWindows 10を好む人なら、どちらも大掛かりな分解を必要としない(でもHDDは自分で交換不可)、Surface ProシリーズとSurface Laptopシリーズの両方を選ぶでしょう。ですが同時に、USBポートがもう1つ増えるだけで日常の使いやすさに大きな違いが出るというのに…。Microsoftがやった些細なアップデートにはガッカリさせられてしまいます。スペックは素晴らしいのに、現時点で購入者に何が出来るのかが想像できてしまいます。


Surface Pro 7Surface Laptop 3の両モデルは、日本でも10月22日に発売されます。すでに予約受付も始まっています。Surface Pro7は10万9780円より。そして13インチのSurface Laptop 3と15インチのSurface Laptop 3は、それぞれ13万9480円16万1480円からとなっています。

Source: Microsoft(1, 2

    あわせて読みたい

    powered by