Appleユーザーの私が今日のマイクロソフト発表に思ったこと

  • 86,953

  • author suzuko
Appleユーザーの私が今日のマイクロソフト発表に思ったこと

あたらしい10年がはじまるかもしれません。

きのうの夜、Microsoft(マイクロソフト)が大量のSurface新製品を発表したのはもうみなさん履修済みでしょうか。わたしも今朝ギズモードをチェックしてざっくりは理解したところですが、これはマイクロソフト、爆発したんじゃないか、今後の10年がはじまる1日だったんじゃないかと感じています。発表のビデオもあとで絶対みる。

発表内容をざっくりいくと、さらに洗練されてついにIntel(インテル)ではなくAMDのRyzenとVegaを採用、13.5インチに加えて15インチが登場したSurface Laptop 3。Windowsとの相性問題をQualcommと見事に解決したARMベースのSQ1チップを採用、4G LTE Readyでクールな新デザインに「これが正解!」と言いたくなるペンの格納ギミック、まさにMicrosoft版iPad Proとでも言いたげなSurface Pro X(テンじゃなくエックス)。そしてついに出た折りたたみのラップトップ「Surface Neo」と、折りたたみスマホの「Surface Duo」です。前者はカスタムのWindows 10X、後者はAndroidをベースとします。

見事。見事です。iPhone登場の2007年頃はイノベーティブなAppleというイメージの対極として語られたマイクロソフト。しかし、多くの2in1 PCの原型となるSurfaceシリーズを手掛け、macOS(当時はMac OS X)との対比でバカにされるばかりのWindowsを洗練させ、そして今日、PCの中身(言葉どおりハードウェアとして)から新時代のPC、そしてモバイルの方向性を見せ、少なくともこれまで「良さそうだけど気持ちが乗らない」状態だったわたしのなかのSurfaceというブランドのイメージが一気に閾値を超えました。マイクロソフトが殻を破ったんです。彼らが2010年代に確実に歩んできた成果が今日この日に結実しました。もうレガシーな地味なマイクロソフトというイメージは終わりです。マイクロソフトがはじまりました。もうはじまってたんだと思いますが。

Surface Laptopはハードウェアだけ見たらMacBookから乗り換えを考えてもいいと思えるほど洗練されています。万年MacユーザーのわたしにもさいきんのWindowsはかなり改善されてきていると耳に届いているので、試してみて使い勝手によってはちょっと考えますこれは。macOSほどiPhoneとうまく連携できないのでダメかもしれませんけどね。ですがいまいけいけなRyzenとVega!15インチ! これはぜひ試したい。公式のビデオの落ち着いたエレガントなBGMからマイクロソフトの余裕すら感じます。

ノートPCとタブレットの境界線上でそれぞれの道を歩んできたSurfaceとiPad。そのSurface側のXとして登場するSurface Pro Xも納得しか感じません。パフォーマンスも米GizmodoのインプレッションではこれまでのARMベースWindowsのそれよりだいぶ改善されているとのことなのでこれも期待大。ぜひ試したい。iPadOSでぐんぐんきてるiPad Proと体験を比較してみたい。

そして折りたたみ2機種。これだけはちょっと疑問。パネイ氏は「エレガントでなければならない」と言ったそうですが、これ、エレガントですか? 存在感がすごいヒンジとまだとりあえずSurfaceっぽいガワを被せただけって感じの見た目にがっかりしました。2in1のSurfaceを立ち上げここまできたマイクロソフトのやることだということだけで5億点が加点されるわけですが、こちらは来年のリリースまでにどう仕上げてくるのか見ものです。

そして……iMacにはじまり、iPod、iPhoneというビッグバンを誕生させ、X世代のiPhoneとApple Park、そしてAppleという企業を残して2019年にその地を去るジョニー・アイブ。iOSを率いたスコット・フォーストールが去ったのはもう何年前でしょうか。2000年代から快進撃をつづけてきた「スティーブ・ジョブズのApple」が一区切りだと捉える見方もあります。

それと結びつけて考えてしまうのは飛躍しすぎているし、わたしもアップルが終わってマイクロソフトがはじまったなんて思っていません。iPhoneがないと呼吸できないのといっしょですし、iPadOSで拡がっていくiPad体験にワクワクしています。そんな安い企業比較の話ではありません。

でも、なんでしょう。それほど巨大なスコープで見てしまうのです、マイクロソフトがぐいぐい来るというのは。

    あわせて読みたい

    powered by