Amazon.comが音声コマンドのクリスマスツリーをリリース。「アレクサ 、電飾つけて」

  • author 中川真知子
Amazon.comが音声コマンドのクリスマスツリーをリリース。「アレクサ 、電飾つけて」


「アレクサ、ブルーのライトにして」

もうすぐクリスマスですねぇ。みなさんはどんなデコレーションしています? 我が家はイベントごとに玄関のデコレーションを変えているので、ハロウィンが終わると同時にクリスマス仕様にしました。別に大きなツリーを飾ったわけじゃありませんよ。アンティーク燭台に木製のツリーの飾りをぶら下げて、なんとなくクリスマスっぽくしただけです。ほら、ツリーってシーズンが終わった後の置き場所に困るじゃないですか。だから、汎用性の高い燭台をハロウィン仕様にしたり、クリスマス仕様にしたりと活用しているわけです。まぁ、そんなうちのデコ事情はどうでもいいですね。

今日は、INSIDERがおもしろいツリーを取り上げていたので紹介したいと思います。なんと、アレクサ対応ツリーですって。ツッコミどころ満載ですが、このツリーはどんなことをしてくれるのでしょう?

「Mr. Christmas 7」

Amazon.comが発売したアレクサ対応ツリーの名前は「Mr. Christmas 7' Alexa Compatible RGB LED Christmas Tree」(以下Mr.クリスマス)。「7」という数字が気になりますが、これは7フィートを意味しています。そう、つまり2メートル超えです。デカ! アレクサ 対応というのもそうですが、置く場所も必要なので、かなり消費者を選ぶアイテムと言えるでしょう。

当然ですが、ニセモノのもみの木なので、新鮮なもみの木の香りはしてきません。その代わり「アレクサ 、ライトつけて」や「アレクサ 、ムードライティングにして」といったコマンドに対応してくれます。なんて便利なんでしょう!(棒読み)

アレクサ対応というところからも分かる通り、Mr.クリスマスが「電気のスイッチすら押すのが面倒な人向け」であるのは明白です。なので、面倒な組み立ても一切排除。ワイヤー内蔵のポールをつなげるだけで自動点灯するようなシンプルさ! 難燃剤を使っているので燃えにくいのもポイントです(多分)。

音声コマンドでやれることは、ライトの点灯だけではありません。赤、緑、黄色、青、紫、シアン、白、マルチカラー、マルチフェード、マルチトゥウィンクル、マルチスパークル、ブルースパークル、レッドスパークルと色を変えたりモードを変えたりすることができます。うん、音声でやる必要あるのかな?

どんな人がアレクサ対応ツリーを必要とするの?

日本の家を基準にしたらこのツリーの必要性は感じられませんが、海外にはとんでもなく広い家も存在するわけで…。たとえば、私がLAにいた頃に流行った、ダウンタウンの一角にある元倉庫を改造したアパート。信じられないほど広い1ルームで、バスケットボールの試合もできちゃうくらいの広さだったので、一般的な学校の体育館くらいはあったと思います。そういう家の場合、歩くのが極めて億劫なのでアレクサが活躍してくれるでしょう。まぁ、かなり大きな声で言わないと認識してくれないだろうし、声も反響するだろうからアレクサが応じてくれるかはわかりませんが…。

まぁ、なんにしろ広い家じゃないと「音声コマンドを使ってまで操作したい理由」があまり見つからないかも。ソファの横にあるなら、スイッチで操作すればいいだけの話ですし。それに、音楽や電気と違って、クリスマスツリーという非常にニッチなアイテムなので、日常に利便性を与えてくれるわけでもありませんし、なんていうか、日常生活に落とし込みにくい。うーん知りたいなぁ、「ツリーがアレクサ対応なんて最高じゃん!」というアゲアゲな理由。

いまいちピンとこない商品ですが、気になる方はAmazon.comをチェックしてみてください。Mr.クリスマス(2メートル超え)は約3万2000円ですって。

Source: INSIDER

    あわせて読みたい

    powered by