あ、Airpodsが落ちてる!なイタズラが出来るステッカー

  • 7,511

  • author 中川真知子
あ、Airpodsが落ちてる!なイタズラが出来るステッカー
Image: Pablo Rochat / Twitter

なんか、いろいろと許せないイタズラが爆誕しました。

The Vergeが、原寸大Airpodsのステッカーを作った人がいると報じました。どんな使い方をするのかというと、「あたかもAirpodsが落ちているかのように見せる」ように「道路に貼っておく」んですって。

うわー、これ悪魔なヤツ! 落としたAirpodsを探してようやく見つけたと思った人の落胆怒りを想像したら…! やめてあげてー!

悪魔なAirpodsステッカーを作ったのは、Pablko Rochatさん。この人、有名なアートディレクターで、顧客リストにはAppleも名前を連ねるほどの実力の持ち主。そして、かなりのイタズラ好きらしく、Twitterにはおふざけ動画や画像が沢山ありました。そのほとんどがクスッと笑えたり、ほんわかさせられるものばかり。

もちろんこのステッカーもその延長線上にあるものなんですが…、これはなー、間違って拾おうとした人の精神的ダメージを考えると辛い。(私は間違って拾おうとして恥ずかしくなっちゃうタイプ)。これ、彼のウェブサイトで無料ダウンロードできるようになっているんですよねー。

というわけで、海の向こうではAirpodsステッカーが流行るかも…?

あ、ちなみになんですが、日本では公共の空間にステッカー貼っちゃダメですよ。もしダウンロードしたとしても、個人でこっそり楽しむレベルに留めておいてくださいね。

Source: The Verge

あわせて読みたい

powered by