中国は臓器提供データを偽造していた?規則性の高すぎるデータから研究者が推測

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
中国は臓器提供データを偽造していた?規則性の高すぎるデータから研究者が推測
Image: Gettyimages

その実態は?

ある調査研究は、中国が方程式を利用して偽の臓器提供データを作っていたようだと推測しています。研究者らは法医学の手法を用いて統計データ内の疑わしいパターンを見つけだしたのです。

BMC Medical Ethicsに掲載された最新の論文は、中国が死刑囚からの臓器摘出はしないと断言していたにもかかわらず、それを続けているのではないかという懸念を提起しています。このように囚人を活用するなんてひどいのは明らかですが、抑留者の中には良心の囚人、つまり政治や宗教的な信念のために投獄された人々もいると考えるといっそう悪質です。

この調査を行なったのはオーストラリア国立大学(ANU)のMatthew Robertson氏が率いるチームで、臓器提供と移植に関する最近の中国の病院データセットを統計的に深く掘り下げてみた後、この不穏な結論に達しました。Robertson氏たちは異常なあるいは怪しいデータのフラグを立てるために法医学的な統計として知られる手法を使ったのです。

「これはすべて人間の介入があったからこそ行なえた、データのでっち上げと改ざんの非常に示唆的な証拠」だとRobertson氏はプレスリリースで述べています。「我々がデータ内に観測したパターンは、公式な臓器移植の数値の改ざんでのみ理にかなった説明がつく」とのこと。

「我々は、そのデータが方程式に基づいて単純にでっち上げられたのだと見破ることができた」

中国の臓器調達方法は本当に変わったのか?という調査

2010年、中国政府は臓器の調達方法を変えると宣言し、それ以降は自発的な臓器提供プログラムを展開しています。(2000年代の終わりには、臓器の65%以上が死刑囚から摘出されていました)中国当局は2015年1月より、提供される臓器の唯一の供給源は刑務所ではなく病院、すなわち自然要因によって死を宣告された患者たちからになると主張。今回の研究は、この公約を確証するためのものでした。

そのためANUの研究者らは2010年から2018年にかけての自発的な臓器提供のデータセット、すなわち中国臓器移植対応システム(COTRS)と中国紅十字会(研究者らはこのデータを中国人体器官提供管理センターのサイトから獲得)から提供されたデータを調べました。COTRSはすべての臓器提供と移植を管理と記録し、紅十字会はこういった提供を検証して立ち合うよう命じられています。

研究者らはこのデータを精査して、簡単な数学の方程式によって生成されたデータや任意の比率、おかしなデータ加工といった改ざんの形跡他の妥当でないデータの処理の形跡を探しました。

その結果は疑いの余地がなかったのです。

これらの数値は実際の臓器提供からの実際のデータでは現れない

COTRSデータは「数式にほぼ正確に」一致したと著者は論文に書いており、のちに単純な二次方程式の結果と一致することが確認されました。同じことが「不完全ではあるが」中国紅十字会のデータにも当てはまりました。全体では「矛盾する、信じがたい、あるいは異常なデータ」が5つのデータセットから見つかり、「中心となる分配数と合わせる」ためにされた可能性があると、論文は記しています。

「我々の研究は北京が報告した臓器提供の数はつじつまが合わないこと、そしてそれらは改ざんされたという無視できない証拠があることを示している」とRobertson氏はプレスリリースで語っています。「集められたらしい臓器の数をよく見てみると、毎年、この人為的な方程式にほぼ逐一合致する。真実にしては整い過ぎだ。これらの数値は実際の臓器提供からの実際のデータでは現れない。方程式を使って生成された数字だ。このモデルが全くの偶然で現れたかもとは想像しがたい、欺くつもりだったという異なる可能性が出てくる」

これらの結果は英国王立統計学会の元会長だった、外部の統計学者David Spiegelhalter氏によって検証されました。プレスリリースによれば、同氏は数字の二次方程式との「ほぼ一致」は「珍しい」と語っていたとか。

データにおける問題は他にも、ドナー(臓器提供者)あたりの移植の割合が異常に高いこと、一致するはずのデータセットにおける不一致、そして任意ではない臓器提供者を任意とする誤分類などがありました。

何が起きているかというと、研究者らは中国にはボランティアから臓器を得るだけでなく、非道なルート、すなわち死刑囚からの強制的な臓器収奪を通じてのシステムが現在、存在していると疑っているのです。改ざんされたデータは、中国がこの醜い真実を隠そうとしていると示唆しています。

「そのため、過去数年間の囚人のみを基盤とした臓器移植システム、あるいは当局者らが約束した曇りのない自発的なシステムではなく、我々の見解では中国には複雑なハイブリッド型の移植プログラムが存在すると入手可能な証拠が示している。多額の現金払いが奨励する自発的な提供は、民間のドナーと記された任意ではないドナーと共に使われているようだ」と著者らは論文に綴っています。

厄介なことに、これらの成果はまた別の最近の調査と一致しています。今年6月、元国連戦争犯罪検事総長の議長Geoffrey Nice卿が率いた民衆法廷は「中国では良心の囚人からの強制的な臓器摘出が長期的に行なわれており、相当な数の犠牲者を巻き込んだ」と結論付けたとForbesが報じています。

Robertson氏がプレスリリースに綴ったように、「世界が中国の臓器移植システムをもっと詳しく見ることが大事だと考えて」います。確かに、国際的なコミュニティーが状況に応じて中国に注意を向けて圧力をかける必要があります。臓器は不足していて価値ある資源ですが、それを必要とする患者を助ける、もっとまともで人道的な方法はありますからね。

Source: BMC Medical Ethics, Australian National University, US National Library of Medicine National Institutes of Health, BBC, NYT, Forbes

    あわせて読みたい

    powered by