地球の半分を人間のいない土地として保護する「ハーフ・アース」計画が必要な理由

  • 8,538

  • author Brian Kahn - Gizmodo EARTHER
  • [原文]
  • 岡本玄介
地球の半分を人間のいない土地として保護する「ハーフ・アース」計画が必要な理由
Image: Getty

非現実的な気がしますが、そうでもしないと地球は救えない...?

人類は地球を瀬戸際に追い込み、100万種以上の生物が絶滅の危機にさらされています。自然の崩壊を止めるためのアイデアはたくさんありますが…もっとも大胆で抜本的なものは、地球の半分を保護するというアイデアです。

どういうこと?

それは陸と海を護ることを指しますが、そのために多くの手法があります。しかしそれに必要な一般的な要点は、人間の干渉を受けずに繁殖できるように、全地球の半分の自然を確保することです。それでも先月発表された国連の報告書によると、現在地球の陸地の15%、海洋の7.8%が保護されているとのことです。

大胆な「ハーフ・アース」計画

地球の50%を封鎖するという考えは「ハーフ・アース」として何十年も前から知られているので、そんなに衝撃的なアイディアではありません。

伝説的な生物学者エドワード・オズボーン・ウィルソンの著書や、今年初めに国連の生物多様性条約加盟国が支持を表明したこともあり、ここ数年でこの考えが加熱しているのだそうです。

しかし、新たな論文によりますと、もし地球の半分にこの手法を適用すれば、10億人に大きな影響を与える可能性がある、というのです。影響を受ける人々の大多数は中低所得国で、そこに住む貧困層を困らせない公正な保護の必要性が叫ばれています。

自然を戻せば絶滅種が減る

自然は近年、都市の拡大や森林伐採、そして気候危機やそのた多くの人間活動に直面し、衰退に直面しています。私たちは洪水調節から漁業、生活に至るまで、あらゆるものを自然に依存しているため、この衰退は人間にとって深刻なリスクを伴います。なのでもしそのリスクがなくなれば、私たちの暮らしはそれほど大きく遅れることはないでしょう。

ウィルソンをはじめとする研究者たちは、地球上のほとんどの種に公平さをもたらすと主張することで、「ハーフ・アース」のアイディアに落ち着きました。彼らのモデルによりますと、地球の半分を保護すれば最大85%の種が保護できるのだそうです。一方で地球の90%を伐採なり汚染なりで痛めつけたら、生き残れる種は50%しかありません。

でも人間への影響は議論されず

その悪い結果(もしくはさらに悪い結果)を避けることは、人類の最大の利益になるように思われます。しかし自然を助けるという議論にもかかわらず、実際の人間に起こる犠牲(結果が良くも悪くも)は、「ハーフ・アース」をめぐる議論にはほとんど登場していなかったりします。

今回の研究の執筆者の1人で、ケンブリッジ大学の地理学者でもあるクリス・サンドブルック氏が、こう話してくれました。

私たちは、「ハーフ・アース」の提案が自然保主義者や政策立案者の間で、より一層の注目を集めていることに気付きました。しかしそうした提案において、潜在的に非常に大きな社会的意味についての議論は、驚くほど静かだったのです

ふたつの手法が候補に

nature sustainabilityの新しい発見は、これらの内容を明らかにしてゆく方法です。研究者たちは、世界の846のエコリージョン(生態系が似ている地域)を調査して、ふたつの手法を検討しました。1つめは、地球の半分を丸ごと保存するシナリオ。2つめは、保護の実現が可能そうな場所を選んだ上での半分を保存するシナリオです。

2つめのシナリオの「実現が可能」とは、保護または復元できるエコリージョンが半分ある地域を意味しています。このシナリオの場合、米国東部やインド亜大陸の大部分といった、すでに開発され尽くしている地域は保護エリアから自動的に除外されることになります。しかし、どちらのパターンでも地球の半分を保護することによって、影響を受ける人々の数を最小限に抑えることを目指していました。

この調査結果は、 1つめのシナリオでは10億人が、1億7,000万人が影響を受ける可能性があることを示しています。どちらの場合でも、世界銀行が中低所得国と分類した国への不公平さを強いることになります。

第1シナリオでは、影響を受ける人々の実に53%がインド、エジプト、インドネシア、フィリピンなどの中低所得国に住んでいます。ですが中国のような高中所得国もまた、どちらのシナリオにおいても大きな人的負担を強いられてしまいます(第2シナリオでは、基本的に低中所得国と同じ負担となる)。

与えよ、さらば与えられん

とはいえ、「負担」の中には良いものもあったりします。正確な関連性はまだ解明されていないものの、自然は精神的な健康と関連しています。現実的に高潮からの浸水対策や土壌保全などの効果もあります。

しかし自然保護には、先住民たちを彼らの土地から遠ざけてきた歴史もあります。彼らはそういった土地で、西洋の自然保護論者と同等かそれ以上に効果的に土地を管理していることが多いのです。

人と自然どちらも最大限救いたい

サンドブルック氏はこう話しています。

私たちは、倫理的な意味合いと、これらの保護措置が環境問題への取り組みの両方を成功させる可能性を高めるため、環境的、社会的に公正な方法で環境危機に対処する必要があります

効果的な地球規模の保護戦略は、これらの現実を考慮に入れなければなりません。そうでなければ、彼らは人々を苦しめてきたのと同じ問題を繰り返すことになり、21世紀が、それ以前の時代と同じように粗悪不公正であることを確かなものにしてしまうのです。

Source: protected planet, CBD, nature sustainability, half-earth project

あわせて読みたい

powered by