退屈なソーシャルメディアフィードを楽しくする方法

退屈なソーシャルメディアフィードを楽しくする方法

もう、高級レストラン料理とか他人の赤ちゃんの写真はたくさん!

最近、惰性でソーシャルメディアのフィードを読んでいませんか? 周りの友人のどうでもいい投稿ばかりが流れてきて、まったく刺激がないなんてこともあるかもしれません。今回は米GizmodoのDavid Nieldが、そんなフィードを再度楽しむための方法を提案します。




ソーシャルメディアのアプリを開くのが楽しみだった時代を覚えていますか? 最近はと言えば、周りの友達はみんな、政治/自分たちの赤ちゃん/副業/食べてるもののどれかのことしか投稿していないようです。でも、優れたソーシャルアプリは友達や家族のことを超えて、もっと素晴らしいコンテンツも提供できます。探し方さえ分かっていればね。

Instagram

Instagram(インスタグラム)は手始めにちょうどいいアプリです。自分の友達の輪を超えて、憧れのスポーツスターやコメディアンをフォローしてもいいし、実際にはまったく会ったことのない人たちでフィードを埋め尽くすこともできます。

それだけではありません。「発見タブ」(虫眼鏡アイコン)を開けば、さまざまなインスピレーションを見ることができます。ウェブサイト、チャンネル、ペット、フィクションのキャラクターですらインスタグラムフィードを持っています。他にも、ガジェット映画の名シーン、さらにはニューヨークの地下鉄で折り紙のブーケを買う人々までさまざまなものをフィードに入れることができます。おもしろいものには必ずインスタフィードがあると思っていいでしょう。

さらにInstagramではハッシュタグをフォローできます。発見タブからハッシュタグを入力してフォローボタンをタップします(フォローしたいハッシュタグの最近の投稿をチェックして、それが実際にフォローしたいものかどうかチェックしましょう)。

191112_makeyoursocialgreatagain_02
Instagramのハッシュタグ
Screenshot: Gizmodo

ハッシュタグをフォローすると、そのタグの人気に応じて一週間のうち何回かそこからの投稿をフィードに流してくれます。そのタグがついた投稿すべてを表示するようにしたら、大人気のタグの場合それだけでフィードが埋め尽くされる可能性があるので、ちょっとしたアルゴリズムの魔法でその週のハイライトだけを見せてくれるのです。

ただ、マイナーなタグの場合はより多く、あるいはすべての投稿をフィードに流すこともあるので、ハッシュタグの選択はよく考える必要があります。他の人が使っているハッシュタグを見ていれば、フォローによさそうなタグが分かってくるでしょう。勿論、フォローしてみて時間と共に調節することもできます。

Twitter

Twitterはーー使っている方はご存知の通りーーより幅広くなりますが、Instagramとほぼ同じ方法が使えます。あなたが興味ある話題をカバーしてくれるジャーナリストや、好きなミュージシャンなどです()。

191112_makeyoursocialgreatagain_03
Twitterプロフィール
Screenshot: Gizmodo

Twitterアカウントを持っているのは人間だけとは限りません。歌詞ボット観光名所などをフォローしてもいいし、短いウィキペディアの項目や、ランダム生成されたドキュメンタリーアイデアを投稿し続けるルイ・セロー(ジャーナリスト)ボット、ありとあらゆるジャンルのアートなどなど、さまざまなものをフィードに流すことができます。

Twitterの、他に比べてそこまで知られていない便利機能のひとつに、好きなアカウントをリストする機能があります。特定のトピックや人でリストを作ることで、メインのタイムラインをスッキリさせることができるのです。リストに入れるためにアカウントをフォローする必要はありません。リストに入れたいアカウントのプロフィールページの右上にある3つのドットをクリックし、「リストへ追加または削除」をクリックしてください。

リストを見たり追加するには、自分のプロファイルページから、左にあるリストのボタンをクリックします。リストは公開することもプライベートにすることもでき、即座にリストに飛びたいときはブックマークすることもできます。リストに入っているアカウントからのツイートがすべて表示されるので、たとえば二次創作アートやガジェットニュース、楽しいビデオなどでまとめることができます。

191112_makeyoursocialgreatagain_04
TweetDeckカラム
Screenshot: Gizmodo

Twitter自身の出しているTweetDeckクライアントを使えば、Twitterをさらに楽しむことができます。TweetDeckのメインは、ブラウザの中で自動更新される複数のカラムです。メインのタイムラインとリストをそれぞれのカラムに表示できるだけでなく、ハッシュタグのフォローや検索もリアルタイムで行えます。

たとえば、地元関連のハッシュタグや、映画、音楽、好きな本などのタグをフォローしてもいいでしょう。あなたの業界の求人や、参加を募集しているオンライン大会、研究論文などを、家族や友達の投稿を一切見ずにフォローできるのです。しかも、TweetDeckを使うのに必要なのはTwitterアカウントだけです。

Facebook

複雑に膨れ上がった悪夢のFacebookフィードだって、ある程度は修正できます。Facebookをブラウザやアプリで開くたび、友達の投稿した下らないミームや政治的主張、赤ちゃんの写真などを搔きわけなくてもいいのです。

191112_makeyoursocialgreatagain_05-1
Facebookの「フレンド」
Screenshot: Gizmodo

Facebookでの繋がりはキープしたい(しなきゃいけない)けど投稿は見たくないという人がいる時は、その人のプロファイルページから「フォローをやめる」をクリックします。あるいは、その人からの投稿を一時的に「スヌーズ」することもできます。ニュースフィードから消したい投稿の右上にある3つのドットをクリックし、「スヌーズ」を選択します。

機能を見る機会が今までなかったかもしれませんが、Facebookにもリストがあります。こちらから作ることが可能です。作ったらリストをブックマークすれば、選んだフレンドのみの投稿をすぐに見ることができるようになります。

InstagramやTwitter同様、家族や友達だけでなくいろいろなアカウントを追加できます。愛読しているテック情報サイト、大好きな映画監督美術館などなど。これらはすべてリストに入れることができ、投稿が気に入らなければフォロー解除できます。

まとめると。ちょっとした工夫と手入れで、あなたのソーシャルアプリはまた楽しくなるはずです。

    あわせて読みたい

    powered by