マジで2週間つけっぱ*「HUAWEI Watch GT2」は、もう僕の一部です

  • Sponsored By ファーウェイ・ジャパン
  • author ヤマダユウス型
マジで2週間つけっぱ*「HUAWEI Watch GT2」は、もう僕の一部です

まだ充電で消耗してらっしゃるの?

『機動警察パトレイバー』の一節に「資本家の夢はお給料のいらない従業員」なんてフレーズがありましたが、ガジェットファンの夢は何かと問われれば、充電のいらないガジェットとかどうでしょう? いかに優れたガジェットとて、充電が手間なのは変わりませんもんね。

そこでいうとスマートウォッチというのは厄介なもので、ガジェットとして充電は間違いなく必要だけれども、腕時計としては充電が少ないほうが良い。ああ、ジレンマ! ですが、このジレンマを克服したスマートウォッチがあります。

それが、「HUAWEI Watch GT2」。以前発売された「HUAWEI Watch GT」のアップデート版となるHUAWEI製のスマートウォッチです。ベルトのつけ心地の良さも相まって、文字通りつけっぱなしにできるスマートウォッチに仕上がっていますぞ。

2週間ほどつけっぱなしにできるスマートウォッチ*

huawei-watch-GT2f
Photo: 小原啓樹

HUAWEI Watch GT2」のウリは、まずは何をおいても驚異のバッテリーのもちっぷり。「HUAWEI Watch GT2」には46mm/42mmの2モデルがありますが、大型の46mmモデルならなんとおよそ2週間/約14日にわたり充電なしで動き続けられます(42mmモデルはおよそ1週間)。それも心拍数の計測やスマート通知、毎週90分のトレーニングメニューなどのタスクをフルにオンにした状態で、です。省電力のために、スマートウォッチのスマートたる部分を諦める必要はナッシング。

2週間に一度の充電ということは、毎月2回ほど、年間で25回ほど。たったこれだけの充電回数で済みます。実際に1週間ほど使ってみましたが、一度も充電してません。せっかく用意した充電器も使わずにしまっちゃいましたよ。

huawei-watch-GT2strap
Photo: 小原啓樹

バッテリーとあわせて「すげー」と思ったのが、付属のベルト「フルオロエラストマーベルト」のつけ心地。汗ばみ感もシリコンのようなベタつきもないこのベルトがとにっかく優秀で、余裕で寝ながら装着できます。手首の違和感も蒸れる感じもナッシング。「腕時計をして寝られるのぉ?」と思った人にこそ試してほしい。

この「約2週間もつバッテリー」と「フルオロエラストマーベルト」の組み合わせは効果ばつぐんで、起きているときも寝ているときも、ずーっっとつけっぱなしてました。もうマジで僕の腕の一部ってくらいつけっぱなしでした。

つけっぱだから24時間フルセットのデータが得られる

じゃあこのつけっぱなしという要素が、普段の生活のどういった部分に響いてくるのか。

そもそも充電頻度が少なくて済むスマートウォッチというだけで爆アゲなんですが、まずはモニタリング期間の長さです。充電中の1~2時間のあいだ、毎日データに空白ができるとか、寝るときは外すから睡眠データは取れないとか、そういった中断要素なしに約14日間・24時間ぶっ通しで僕のステータスをモニタり続けてくれるわけです*。

「HUAWEI Watch GT2」が自動的に集めるデータは、活動量、心拍数、睡眠。それに加えて新たにストレスモニタリングに対応しました(ストレスモニタリングはAndroid版アプリのみ対応)。

P30_ss
Screenshot: ギズモード・ジャパン Phone Image: Shutterstock

「HUAWEI TruRelax™」って機能なんですが、このストレスモニタリングが面白くって、自覚しにくいストレス状況を常にチェック、グラフ化し、ストレス値が高くなった時は落ち着くための呼吸エクササイズを提案してくれるんです。

ちょっと根つめて仕事しすぎたなーとか、人混みを抜けたばかりのときとか、意外と体は疲れているもの。そうした無自覚なストレスをモニタリングしてくれるので、自分の心身の穏やかさを保つ指標*2になります。

これ、ゲームのパラメータウィンドウっぽくないですか? 自分のコンディションが気になるとき、腕を見ると心拍やストレスのパラメータをパッと確認できちゃう。数値化されると、いろいろ気づけるものです。

huawei-watch-GT2g
Photo: 小原啓樹

また、「HUAWEI TruSleep™ 2.0」による睡眠トラッキングも優秀。寝ながらつけていられるのもタフネスバッテリーの為せる技ですね。レム睡眠、ノンレム睡眠の割合表示や、睡眠の質の評価もしてくれます

その睡眠トラッキングの精度たるや、ちょっとした昼寝すらも見逃さずモニタリングするほど。30分程度の仮眠も睡眠としてデータ収集してくれますし、ストレス値もガッツリ下がります。同僚にはバレてないうたた寝も、スマートウォッチにはお見通しなのじゃ…

一日以上ログってくれるGPSや、待望の常時オンディスプレイ

huawei-watch-GT2b
Photo: 小原啓樹

「HUAWEI Watch GT2」が2世代目になって飛躍的に進化したのは、GPS時のバッテリー。

ランニングやサイクリングなど、屋外でやるスポーツモードに切り替えるとGPSが一時的にオンになるのですが、このモードはGPSをフル稼働させるので2週間ぶんのバッテリーをおよそ1日で使い切っちゃいます。で、前モデルはGPSオンで約22時間だったバッテリーが、HUAWEI Watch GT2では約30時間とさらにタフに*

1日以上、フルに移動ログを残したいなんてケースは少ないですが、例えば一泊のキャンプや登山、小旅行のあいだ、GPSを入れっぱなしにできちゃう。GPSオン状態だと移動の足跡が記録されるので、自分がどんな道筋を歩いたかが全部ログとして残ります。

週末は山でも登ろうか、あるいは写真を撮りに遠くまで出かけてみようか。そんな時にGPSで移動ログを残しておくと、「この時間にはこのあたりにいたのか」と振り返れて楽しいんですよね。

huawei-watch-GT2h
Photo: 小原啓樹

あと、最近のスマートウォッチのトレンドでもある常時ディスプレイ表示(Always-On表示)にも対応しました。手首を上げていないときでもディスプレイに時刻を表示させる機能ですね。常時表示にするとバッテリーのもちはおよそ半分の1週間になりますが*、チラっと手首を見るだけで時間が見えるのは便利。

huawei_gt2_menu
Video: 小原啓樹

タッチによる操作感も良好。メイン画面から左右スワイプだけで、心拍数やストレス値、歩数計など、多くの表示情報にアクセスできます。有機ELの触り心地も良いですね。

フィットネストラッカーとしては、ウォーキングや水泳、フィットネスマシンなど合計15のワークアウトモードに対応し、トレーニング負荷や回復時間なども教えてくれます。防水性能も5気圧防水で水泳にも対応、SWOLF(泳いだ時間÷水をかいた回数。泳ぎの効率を表す指標)まで計測できてしまうという本格派。

じゃあスポーツ重視のウォッチなのねと思いきや、スマホ連携で最大500曲の音楽が保存可能*3な音楽プレイヤーになったり、スピーカー搭載でヘッドセットとしても使えたり(46mmモデルのみ)と、スポーツもエンタメもビジネスも、全方位抜かりなし。いやほんと、「そうそうこれで良いんだよ」を地でゆくスマートウォッチではないかとッ。

おはようからおやすみを見守るスマートウォッチ

huawei-watch-GT2e
Photo: 小原啓樹

寝ている時も、ふだん生活している時も、あとはジョギングなどのワークアウト時にもつけていられる「HUAWEI Watch GT2」。バッテリーがもつということは、それだけずーっと自分のことを見てくれてるということで、その密着っぷりはさまざまな場面で役に立ってくれています。スマートウォッチは機能とバッテリーのバランスで各メーカーの個性が出ていますが、バッテリーに振りつつも諸機能をカバーしてるこのバランス感はありがたい。

huawei-watch-GT2model
フルオロエラストマーベルトのスポーツ、レザーベルトのクラシック、メタルベルトのエリート/エレガントとモデルごとにベルトの素材が異なる。クラシックとエリート/エレガントには、交換用のフルオロエラストマーベルトが付属。
Image: HUAWEI

HUAWEI Watch GT2」にはいくつかのモデルがあり、今回は46mmのスポーツモデルを触ってみました。他にも46mmにはクラシックモデルとエリートモデルが、小さめの42mmモデルにはスポーツモデルとクラシックモデルのほか、エレガントモデルが用意されています。

huawei-watch-GT2i
Photo: 小原啓樹

どちらのデザインもカジュアル、ビジネス、どっちのシーンでも違和感ないテイストですけど、より腕時計っぽく使うなら、ベルトにこだわるのも一興。

フルオロエラストマーベルトは鉄板ですが、市販の腕時計用の革ベルトやナイロンに交換して雰囲気を変えてみるのも、また違った楽しみがあるものです。ベルトのピンは手で外せるので、特別なツールなしでも簡単に付け替えができますよ。もちろん、ウォッチフェイスとの組み合わせ*4を楽しむのもヨシ。

スマートウォッチが欲しいけど、充電の面倒さが引っかかる。むしろつけっぱなしにできない腕時計とは何事か。そう思っている人に、約2週間つけっぱなし*で心拍や睡眠モニタリングも図れるスマートウォッチがあるんだぜとリプライを送ってあげたいです。あなたの生活、ずーっとモニタリングしてみせます。

ファーウェイHappy Winter キャンペーン実施中

Together2020KVfinal
Image: HUAWEI

ファーウェイではHappy Winter キャンペーンを開催中。対象のファーウェイ製品を購入し、レシートの写真をキャンペーンページ経由でアップして応募すると、1万名にファーウェイのガジェットがプレゼントされます。 プレゼントの内容はスマートウォッチやワイヤレスイヤホンなどから好きなものを選べるので、ウェアラブル機器を一式そろえるチャンスです。

ファーウェイ Happy Winter キャンペーン

【購入対象期間】2019年11月15日~2020年1月13日
【応募期間】2019年11月29日~2020年1月20日

† MNO( ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル 、UQモバイル))モデルは対象外です
‡ 応募はスマートフォンからのみ対応しています。

*46mmモデルのバッテリー使用時間です。
*2本製品は日常的な運動・健康管理のための機器であり、医療機器ではありません。本製品のデータは医療行為または精度を要する業務・専門的な計測には使用いただけません。
*3スマートフォン(Androidスマートフォンのみ)に保存したMP3、LC-AACの音楽ファイルのみ再生可能(著作権保護されたファイルは再生できません)、最大保存可能曲数(各曲が4MB以下で計算)はファーウェイラボにて測定した結果で、実際状況は異なる場合があります。
*4ウォッチフェイスの追加ダウンロードはAndroid版アプリのみ対応。

Source: HUAWEI

あわせて読みたい

powered by