もう「F」で挫折しない。指1本でコードが押さえられるニュータイプの楽器「インスタコード」

  • 8,918

  • author 三浦一紀
もう「F」で挫折しない。指1本でコードが押さえられるニュータイプの楽器「インスタコード」
Image: InstaChord

「F」を乗り越えられるかどうか、そこで人生が決まる。

ギター初心者が挫折する一番の理由は「F」ではないでしょうか。「F」というのは、コード(和音)のひとつ。

ギターを始める人のほとんどは、だいたいコードを押さえるところから入ります。CとかAmとか、GとかDとかAとか。まあ、その辺は指を1本ずつギターの指板に置いていって形を覚えれば、弾けるようになります。

簡単なコードを覚えた後にやってくるのが「F」です。この「F」というコードは、人差し指で1弦から6弦まですべて押さえる「バレー」(セーハとも言う)という押さえ方をしなければなりません。

これがなかなか難しい。コツをつかむまでは指が痛いし、音も鳴らない。たとえば、C→Am→F→Gなんていうコード進行を弾くと、

ジャンジャカジャンジャカ→ジャンジャカジャンジャカ→(少し間が空いて)ボンボカボンボカ→ジャンジャカジャンジャカ

って感じで、「F」だけ押さえるのに時間がかかる上に音がチャンと鳴らない。最初は一所懸命練習するんですが、そのうち嫌になってギターから離れてしまうということがあります。

ちなみに僕は、「F」が弾けるようになるまで「Dm7」で代用していました。厳密には違うんですけど、構成音が1弦から3弦まで一緒なので、4〜6弦は弾かないようにして「F」っぽくすることでなんとかごまかしていましたよ。

まあそれ以外にも、CとかDとかEとかGとか、コードごとに押さえる弦を覚えなければなりませんし、軽い気持ちでギターを始めて挫折したという人は多いと思います。

ギターなんて弾けなくても別に困らないんですけどね。なんか楽器ができたらいいよね、でもピアノも習ったことないし、バイオリンなんてもっと難しそうだし、ドラムなんて両手両足バラバラに動かさなきゃいけないし、やっぱり楽器は無理だ! そんな人たちに一筋の光が。それが「インスタコード」です。

こちらの楽器、なんとコードが指1本で押さえられます。詳しくは動画をご覧ください。

Video: InstaChord/YouTube

ゆーいちさんはインスタコードの開発者です。で、このインスタコードがすごいのは、液晶画面上に表示された場所のボタンを押して、6つのパッドをギターのようにジャランとやると、コードが弾けるところ。

191123Instachord-02
Image: InstaChord

動画内でも解説されていますが、難しいコード理論とか一切必要なし。画面上に表示される場所のボタンを押してジャランとやれば、あれだけ中学生たちを挫折に追い込んだ「F」が、いとも簡単に弾けるんです。

もちろん、メジャーコードだけじゃなくマイナーコードも、7thもM7もsus4も、dimも弾けちゃいます。

また、Bluetooth MIDI、USB MIDIに対応しており、iPhone、iPad、パソコンなどと接続して、音源を鳴らすことも可能。DTMでの打ち込みなどにも使えます。

現在3台の試作機が完成。これからさらにブラッシュアップを重ねて量産を目指しているとのこと。2020年春にクラウドファンディング開始、2021年春に第1号モデル完成の予定です。

191123Instachord-03
Image: InstaChord

こういう楽器が増えると、音楽を楽しむ幅が広がっていいですよね。手軽に楽器が弾けるって素晴らしいことだ!

Source: InstaChord

インスタコード ほしい?

  • 0
  • 0
InstaChord

    あわせて読みたい

    powered by