衝撃のカメラボタン付きiPhone 11バッテリーケースのメカニズムはこれだ! レントゲン撮ってみた

  • 11,045

  • author 中川真知子
衝撃のカメラボタン付きiPhone 11バッテリーケースのメカニズムはこれだ! レントゲン撮ってみた
Image: iFixit via Creative Electron

謎があっさり解明。

先日発表されたカメラボタン付きiPhone 11純正バッテリーケース、衝撃でしたよね。iPhone 11には物理的なカメラシャッターボタンがついていないのに、どうしてケースにボタンが付いているのよって。

みなさんも仕組みが気になったと思いますが、The VergeによるとiFixitとCreative Electronもどうしてもメカニズムを知りたくてレントゲンを撮ってみたんですって。さて、どんなことが分かったのでしょうか?

really_close_up
Image: iFixit via Creative Electron

ご覧ください。ボタンからバッテリーに向かって2本の細い回路が走っているのが分かりますね。おそらく、ボタンを押すとこれらの回路が回路基板に「iPhone のカメラアプリを開いて写真を撮ってね」と指示を出すのでしょう。

この場所の物理ボタンって果たして便利なんでしょうかね。ちょっと使っているところを想像してみたんですけど…、便利そうですわ!

私は写真を撮る時に左手でiPhoneをホールドして、右手でシャッターをきるわけですが、構えているときに手が滑って落としそうになるんですよね。でも、このボタンなら片手で構えてシャッターもきれるから、落とす率も減りそうです。

バッテリー付きケースって不格好なのがマイナスポイントですが、パワーバンクを持ち歩く必要もないし、ミニマルで出歩きたい時にはぴったりですよね。まぁ、私は「Arnold」ケースなので買うことはないんですが…。

Source: iFixit via The Verge

iPhone 11 Smart Battery Case ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

あわせて読みたい

powered by