イーロン・マスク「火星基地アルファを造るには1000機のStarshipで20年かかる」と発言

  • 13,549

  • author 岡本玄介
イーロン・マスク「火星基地アルファを造るには1000機のStarshipで20年かかる」と発言
Image: Twitter via designboom

1機飛ばすのに2億円なのに!?

かつてSpaceXのイーロン・マスクCEOが火星の植民地化を見据え、「火星基地アルファ」の構想をブチ上げたことがありましたよね。しかも完成は「おそらく2028年」と、いまいち信憑性に乏しい計画を話していました。

そして今回、その内訳がイーロン兄貴の口から発表された、とdesignboomが伝えています。

途方もない数字

それは、基地もしくは植民地建造のための資材を運ぶのに、1000機のStarship(という巨大なロケット)を使って20年かかるというもの。この発言は11月5日にサンフランシスコで開催された、「US air force space pitch day」にて出ました。そのあとツイートもしています。

ファン:何機のStarshipを造りたいの?

イーロン:持続可能な火星都市のためには1000機が必要だね

惑星は2年に1度しか並ばない

火星基地アルファに100万トンを輸送するには約20年かかる。願わくばその分量で持続可能になると良いけどね

つまり2年おきにしか地球と火星が公転で近付き最短距離にならないから、そのタイミングに合わせて大量に打ち上げても20年かかるという理由らしいですね。1000機をいつから何機ずつ飛ばすのかまで言及されていませんが、いつになるのでしょうね?

またイーロンはStarshipの性能に関して、1日3回は軌道まで打ち上げられるから、1機につき年1000回も荷物を打ち上げられるとツイートしています。

火星に自立した都市を建設するためには、経済的にそれくらいでなければならない。

スターシップ艦隊による軌道への荷運び能力は驚愕的なもので、1日3回、年間1000回を飛行するように設計される

191115_spacex2
Image: Twitter via designboom

毎日荷物入りのStarshipを大量に軌道上に打ち上げて、軌道上で再給油し、2年で軌道に溜まった分を一気に火星に飛ばす。ってなところでしょうか。すんごいスケール。

まだ初号機も未完成ですが

Starshipは100人乗りの商業ロケットですが、まだ第2段階に合体する次世代型ロケットエンジン=Raptor(ラプター)の検証用ロケットである「Starhopper」単体の飛行テストから進展を期待されている段階で、1機も完成していません。

ついでに2017年には、2022年までには火星へ2機のBFR(現在はStarshipに改名)による貨物運輸を目指す、と語っていたこともありましたが…いろいろ考えると、件の「おそらく2028年」には物理的に間に合わなさそうですね。

人類の夢を実現させる男として信用はありますが、皮算用の度が過ぎるのも彼の持ち味。もしかしたら、Starshipの直径9mの2倍となる、直径18mの巨大ロケットもどこかで投入を考えているかもしれません。そしたら一気に加速するかと思われます。

Source: designboom, Twitter

    あわせて読みたい

    powered by