ライブステージの上でもビールをキンキンにできる。マーシャル冷蔵庫

  • author 岡本玄介
ライブステージの上でもビールをキンキンにできる。マーシャル冷蔵庫
Image: Marshall

閉じていたらフツーにアンプです。

ロック音楽で欠かせない、ステージにズドドドンと並べるMarshall(マーシャル)のギターアンプ。かつてはあの長方形を活かして、冷蔵庫が作られたことがありました。ホントにシャレみたいな商品ですが、公式が作ったというのが最高すぎます。

容量違いで2つのモデルが登場

2015年に出たモデルは容量125リットルでしたが、このたび大きさの違う「2019 Black Edition 3.2 Marshall Medium Capacity Bar Fridge」と、「2019 Black Edition 4.4 Marshall High Capacity Bar Fridge」という2種類が改めて登場した、とLaughing Squidが伝えています。

本物のアンプ部品を使っている

これらの新型は正真正銘、本物のマーシャル・アンプ部品を使っており、それにはロゴ、ツマミ(目盛りは11まで)、フェルトの布、真鍮プレートにが採用されています。

内装はマットブラック仕上げでLEDが中を照らし、扉は左右どちらからでも開くリバーシブル・ドアを採用。温度は1度から9度まで調節が可能です。

191113_marshall2
Image: Marshall

アンプ買うより安い

「3.2」は3.2立方フィートで容量92L、そしてお値段は349.99ドル(約3万8,000円)。「4.4」は4.4立方フィートで容量126L、こちらのお値段は479.99 ドル(約5万2,400円)となっています。

どちらのサイズでも完全にマーシャルのアンプ。横にフライングVでも置いといて、友だちが来たとき中からビールを出したらビックリ爆笑するでしょうね。冷やし具合は、もちろん「Up to eleven(11まで上げる)」です。

Source: Marshall, Instagram via Laughing Squid

MARSHALL FRIDGE ほしい?

  • 0
  • 0
MARSHALL

あわせて読みたい

powered by