プレゼントを丁寧に包むのは時間のムダらしい

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • たもり
プレゼントを丁寧に包むのは時間のムダらしい
Image: Hallmark via Gizmodo US

忙しいホリデーシーズンが近づきつつありますが、周りの人たちに買ったプレゼントへの丁寧なラッピングに時間を無駄にすべきではないとJournal of Consumer Psychologyに掲載された論文は主張しています。というのも、いい加減にラッピングされていた方が、人々は中身を好ましく思うからです。

まるでマーサ・スチュワートが1週間かけて完璧にラッピングしたかのようなプレゼントを誰かから手渡されたら、中身はその労力に見合うほど素晴らしいはずだと思うのが一般的な考えです。実際、そのとおりではあるのですが、その考えがプレゼントを渡す側にとって不利になる可能性があります。こだわり抜いたラッピングがプレゼントそのものへの期待を高め、多くの場合は失望へとつながるからです。

実験その1

ネバダ大学リノ校のマーケティングを専門とする研究者と教授らはこの仮説を試すため、研究の参加者グループに丁寧にラッピングされた、あるいは雑にまとめられたプレゼントを開封させました。参加者は全員、バスケットボールチーム「マイアミ・ヒート」のファンであるという理由で明確に選ばれており、包まれたプレゼントの中には同チームのファンならば好むのが明らかなマイアミ・ヒートのマグカップか、別のバスケチーム「オーランド・マジック」のロゴがついたマグカップのいずれかが入っていたのです。参加者はそれぞれプレゼントを開けた後、5つの質問に答えて中身を評価しました。そして実験の結果、包みの中に「オーランド・マジック」のマグカップを見つけたマイアミ・ヒートのファンにさえ、雑に包んだプレゼントの方が全体的に好意的に受け止められたことが明らかになったのです。

実験その2

この発見を確証するため、研究者らはさらなる実験を行ないました。今回、参加者グループはきっちりと、あるいは雑にラッピングされたプレゼントの画像を見せられ、その中身についての期待値を問われました。プレゼントの中身(JVCのヘッドホン)が明かされた後、参加者はあらかじめ報告していた期待にそのプレゼントが見合うかどうかを評価。この2つ目の実験ではきっちりとラッピングされたプレゼントの期待値は非常に高かったものの、きっちりとラッピングされた画像を見せられたグループからすれば、プレゼント自体はあまり望ましくなかったことが分かったのです。

例外あり

そうは言っても、ホリデーシーズン中にあげるつもりのギフト全部に雑なラッピングをするのはやめた方が良いかもしれません。雑なラッピングは自分に好かれていると分かっている友人や家族に対しては役に立つ作戦になり得ますが、研究者らが行った3つ目の実験では、知人(好意的な関係が確立されていない)の場合は丁寧にラッピングされたプレゼントの方が好まれる可能性が高まると判明しました。そこにかけた時間と手間は、プレゼントを渡す側がその関係を大事で続ける価値と思っていることを示しているからです。

オフィスのパーティーでプレゼント交換をする必要があるなら、さらに数分かけて、きちんとなっているか確認しましょう。でも友人や家族向けになら、包装紙のゆがみや合わせられない柄の位置や、縦になってしまうリボン結びに格闘しなくてもよさそうです。

Source: Journal of Consumer Psychology, EurekAlert

あわせて読みたい

powered by