中国発:夜空の航空イリュージョン! 800機のドローン隊が往年の名航空機を再現

  • 6,070

  • author 岡本玄介
中国発:夜空の航空イリュージョン! 800機のドローン隊が往年の名航空機を再現
Image: China Xinhua Sci-Tech‏/Twitter via boredpanda

浮いたままドローン全機が同時に移動したり、色を変えたり。

中国の南昌(ナンチャン)市に本拠地を置く、ドローン部品を製造販売しているT-MOTORが、南昌飛行機コンベンションで800機のドローン隊による立体的な航空機の形成に成功しました。その姿はさしずめ巨大なホログラムのよう。

見事に制御され、まるで大空に浮かぶエレクトリカル的なパレードみたいです。

Video: T-MOTOR FOR UAV DRONE/YouTube

平面的な隊列でも動きがある

夜空に現れた旅客機に戦闘機にヘリコプター。どれも実体がないのに、すぐそこに浮いているかのよう。平面的な字やロゴなどは、動きがあってさながらプロジェクション・マッピングです。しかし背景にスクリーンとなるものがなく、宙に浮いているのが不思議な感じがします。ちなみにゼロ戦型は「幽霊飛行機」なのだそうな。

初開催の航空機展示会

boredpanda曰く、これらは中国でさまざまな種類の航空機が発展したことをお祝いするパフォーマンスだったとのこと。ドローンは新時代の小型航空機なのですが、旧式の大型航空機をオマージュする姿に意味を感じます。

このコンベンションは今年が初めての開催だったので、来年もまた同様のショーが展開されるかもしれませんね。

かつてはこんなパフォーマンスも

中国のドローンといえば、かつては世界新記録を樹立したのに、本番で失敗してしまった残念ショーがありました。一方アメリカでは、Intel(インテル)が50周年を祝って2,066機のドローンでパフォーマンスを行なったこともありましたね。

いつか日本でも、河川敷で編隊を飛ばすのが風物詩になるかもしれません。

Source: boredpanda, YouTube, T-MOTOR

    あわせて読みたい

    powered by