たまに飛行機が怖くなるんだけど、どうして? 専門家に聞いてみた

  • 8,670

  • author Daniel Kolitz - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
たまに飛行機が怖くなるんだけど、どうして? 専門家に聞いてみた
Illustration: Benjamin Currie (Gizmodo)

メカニズムがわかると、ちょっと気持ちが楽になるかも。

物心がついてから初めて飛行機に乗ったときは不安で不安で、隣に座っていた友達と手汗のヤバさを競ったものです。大人になってからは国際結婚をしたこともあり、長距離フライトにも慣れっこになりました。が、たまーに突然の発作みたいに焦ることがあります。

そもそも地に足がついていないし、ちょっと周りを見渡せば知らない人たちだし、せまい空間に閉じこめられてる状況だし...無意識の世界にあったものを意識せずにはいられなくなるのです。

こういうときは飛行機よりも自動車での事故のほうが多いという話を思い出したりして理性では「大丈夫、大丈夫」と言い聞かせるんですけど、それでも気持ちが落ち着くまでちょっと時間がかかることもあります。

高所に限らず、暗所、閉所、虫、集合体、対人、広場など...こうしたフォビア(恐怖症)は、おそらく多くの人が心のなかでそれぞれ何かしら抱えているものなのかもしれません。はっきり説明できるほどの理由はないのに、パニックを起こすことがあるのはいったい何故なのでしょう。

心理学の専門家に話を聞いてみると、その原因や平均年齢などまで明らかになりました。

Captain Tom Bunnさんの意見

療法士、航空会社キャプテン、「 Soar: The Breakthrough Treatment for Fear of Flying」著者、飛行機恐怖症の人々を助けるプログラムSOARを実施。

何かトラウマとなる経験をした人が、それ以来フォビア(恐怖症)を抱えるようになるというのは理解することができます。しかし、明確な理由もなく恐怖症が始まると困惑するものですよね。ただ、こうした原因不明の症状はきわめて一般的なものでもあります。

少なくとも私の顧客の半数は、もともとフライトにほぼ問題を抱えていませんでした。それが明確な理由もなく、飛行機に乗れなくなったといいます。平均的な発症年齢は27歳です。

このような類いのフォビアは、私たちが大人になり何かしらの理由で人生は終わる可能性に気がついてから発症することがあります。親の立場になり、我が子に何か起きるのではないかと心配の種が増えてから恐怖症を抱えるようになることもあります。弱みを認識するようになると、問題として現れるようになるのでしょう。では、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか? その答えとなるリストは無限です。

なかには、避けることで解決しようとする人もいるでしょう。広場恐怖症の場合、安全を感じるためにどこか、おそらく自分の部屋にこもるという人もいます。いっぽう、コントロールしようとする人も多くいます。あらゆることに注意してどうにか制御しようとするのですが、必ずしもうまくいくとは限りません。そういった人たちにはバックアッププランが必要です。逃げ出すというプランBもあるでしょう。

逃げ出すことができない場合、パニックに陥ります。これにはエレベーター、橋、トンネル、地下鉄、高所、劇場の中央席、歯科医の椅子、MRI機、そして飛行機などがあります。

本来、私たちには心を落ち着かせるシステム、副交感神経系を活性化する精神プログラムがあります。ショッキングなことが起きると警戒しますが、瞬く間に好奇心に移り変わります。これは遂行機能とよばれる作用で、その状況にどう対処すれば良いか考えるのに必要なものです。

この機能が発達していないと、感情を引き起こすストレスホルモンが消散するまで警戒したままの状態になります。遂行機能は、警戒がはじまると機能しないため、何が起きているのか、何をすべきなのか判断が難しくなるのです。これにより頭のなかがフリーズしたかのように、行動ができなくなります。すなわちコントロールも逃げ出すこともできなくなり、結果としてパニックが起きます。

Debra Hopeさんの意見

ネブラスカ大学リンカーン校心理学教授。不安障害のアセスメントと治療に従事。

人生のある段階から不意に恐怖心が湧いてくるのは、比較的まれなことです。飛行機に対して「どうにかできる」程度の恐怖心を抱くことはありますが、なにかしらの理由で悪化することがあります。

一般的には、ストレス不安といった要因が挙げられます。仕事、人間関係、家族の健康、結婚や転居がストレスの原因となるケースもあります。ストレスが高まり、普段とは異なる状況に陥ると、マインドセットに変化が起きはじめます。恐怖や危険を察知するようになるのです。

特に、初めて親になったときなど何か失いたくないものができて、人生に変化があるときに起こり得ます。「この飛行機が墜落したら子どもたちはどうなってしまうのだろう」と。

社会的不安と同様に、飛行、高所、運転などに対する恐怖心は、人生の後半に現れることがあります。私は仕事であらゆる人たちと話してきましたが、なかには突然、離婚や配偶者の死を経験して孤独な時間を過ごすようになったという人たちも多数いました。生活環境の変化が、恐怖症を引き起こすこともあるのです

Seth J. Gillihanさんの意見

ペンシルベニア大学心理学臨床助教授。「The CBT Deck」著者

人生の後半で恐怖症が発達した人たちを数多く診療してきました。初めて親になった人たち(特に母親)が突然、飛行中の事故を恐れるようになる傾向はあります。子どもなしで飛行機に乗るときには子を預けてきたことで不安になり、一緒に飛行機に乗るときは子どもの安全に対する恐怖心を抱きます。恐怖心は伝染しやすく、共有すると高まることもあります。

後年のホルモン変化によって、強迫性障害などさまざまな類いの新たな恐怖が引き起こされることもあります。特にエストロゲンは恐怖反応の鎮静に関連しています。エストロゲンのレベルが下がると、恐怖反応が増加します。中年期に閉所恐怖症やアクロフォビア(高所恐怖症)のほか、さまざまなかたちの強迫性障害を発症した人々を診療しましたが、年齢の増加以外の明らかな要因は見つかりませんでした。

最後に、自らの死を意識しはじめた人生の後半頃に恐怖心を抱えるようになる可能性が指摘できます。人生で経験できることの限界を認識し、若い頃には無限のように感じられた可能性に限りがあるように思えることがあります。実在的脅威からほかの具体的な恐怖心を引き起こすことで、死ぬことから目を背けようとする一種の方法なのかもしれません。

Graham C.L. Daveyさんの意見

サセックス大学心理学名誉教授

飛行機に対する恐怖は、あなたが思っている恐怖とは別のものかもしれません。高所恐怖症と関連して考えられることがありますが、パニック障害との重要な関係性が指摘できます。

パニック障害は、制御不能なパニック発作が定期的に引き起こされるもので、発作を恐れて飛行機に乗ることに抵抗を感じることも多くあります。パニック発作を経験すると、すぐに「安全な場所」(自宅など)に逃げたくなります。それにより公共の場で恥をかいたり、身体的影響を防げると考えるのです。(なかには心臓発作を起こすか、気絶するか、吐くかもしれないという不安に煽られますが、実際にはほとんど起こりません。)空中32,000フィートという高さにいると、高所への恐怖というよりも、逃げ場がなく閉鎖的な空間への恐怖心が高まります。

ストレスを抱える期間によってパニック発作が起きたり長引いたりすることがあります。日常のストレスを抱えながら飛行機に乗ると、発作に伴って現れる身体症状を恐れて、結果的に飛行恐怖症を引き起こす1つの原因となる可能性が非常に高いです。

飛行機が不安なすべての人がパニック発作を抱えるわけではありませんが、発作が起きるという不安から飛行機を恐れる可能性は十分あります。

Michelle Shiotaさんの意見

アリゾナ州立大学社会心理学助教・エリアヘッド

人生の後半になって自発的な恐怖症が出ることはありますが、きわめて珍しいことです。

幼少期のあとに激しい恐怖心が発生するメカニズムは一般的に、重大な危機や危険に直面した出来事に関連して起こります。恐怖心に関わる脳構造の扁桃体が、トラウマとなる状況や刺激に対する記憶を強化する役割を担うのです。こうした状況や刺激に再び出会うとき、扁桃体は以前の経験に関する記憶を呼び起こすうえでサポートとなる働きをします。こうしたプロセスは基本的にPTSDと共通します。

いっぽう、過去の経験とは関係なく突然引き起こされる恐怖心もあります。それには注意の変化を伴います。たとえばあなたは何度も飛行機に乗ったことがあり、窓の外や空の高さを意識したことがないとします。

ところが、映画で飛行機の墜落シーンを見たり空間識失調を起こしていたりして(考えられる要因は無数です)注意の矛先がガラッ変わると、同じ状況であっても以前より恐怖心を突き動かされることがあります。飛行機の高さに注意を向けるようになり、潜在的な危険について考えるようになります。

このように脅威に関連した意識が変わると、状況、それにより引き起こされるメンタルイメージ、感情的な反応のあいだで行き来するようになり恐怖心がエスカレートすることもあります。

あわせて読みたい