Opera、夜にぎらつく白いサイトを強制的にダークモードに

  • 5,039

Opera、夜にぎらつく白いサイトを強制的にダークモードに
Image: Opera

OperaがAndroid版Operaのバージョン55を発表。今回のバージョンでは、まだダークモードに対応していないサイトの白い背景を手動で暗くできるようになりました

木曜日に発表された新たなナイトモードでは、ユーザーがブラウザ内の色温度を調節でき、ブラウザをどの程度暗くしたいかをコントロールできます。再設計されたナイトモードには、調光と色温度の設定が加わっただけでなく、ウェブページの白背景を強制的にダークモードにするツールも導入されました。

2019年はダークモード元年でした。ようやくiOS 13に実装されただけでなく、InstagramSlackといった人気アプリでも使えるようになりました。Gmailもダークモード対応になり、Androidはシステム全体にダークテーマが適用されるようになりました。しかし、Operaはデバイスから発するブルーライトを最小限に留めることに注力するといった、異なるアプローチをとっています。そのうえナイトモードの設定は、日中の特定の時間帯あるいは自動的に機能するようにスケジュールできるのです。

191212Operadarkmode-01
Image: Gizmodo US

「スカンジナビアの冬の数カ月は、とても暗くなる。日々の日照時間がほんの数時間のなか、現在のデバイスの明るさ設定のほとんどが十分には暗くならず、みんなの概日リズムを邪魔していることに気付いた」とAndroid版OperaのプロダクトマネージャーのStefan Stjernelund氏はプレスリリースで語っていました。「私たちはブラウザのこの問題を解決することにした。このバージョンのOperaでは、ブルーライトを抑えてスーパーダークにできるようになった」とのこと。

Operaのスーパーダークモードを使うには、設定で[ナイトモード]を有効にして、色温度と調光の設定の下にある[ダークテーマを使用する]をオン、そして[ダークウェブページ]を選択します。こうすれば、目がくらむような白背景とおさらばして、暗闇の中でも心ゆくまでネットを楽しめますよ。

Source: Opera, TechRadar

    あわせて読みたい